再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

レビトラ

ED治療薬の代表格であるレビトラと、そのジェネリックに関する情報をリサーチしています。

評判の高いED治療薬レビトラについて

レビトラはドイツのバイエル社とイギリスのグラクソスミスクライン社が共同開発したED治療薬です。ヨーロッパ、アメリカに続き、日本でも2004年に厚生労働省に認可されました。

レビトラはバイアグラと比較して食事の影響を受けにくく、即効性があり長時間効果が持続するという特徴があります。

バイアグラであまり効果が期待できなかった人でも、レビトラは良かったという話をよく聞きます。また、糖尿病や前立腺ガン手術後の勃起不全に対して効果があることも。

ただ、バイアグラと比べて併用禁忌薬も多いので、こちらも使用する際には、医師に必ず相談するようにしましょう。

服用は性行為の1時間前。ただし空腹時であれば、20分程度で効きはじめます。効果は3~4時間くらい。

ちなみにレビトラに性的興奮や性欲増進作用があるわけではありません。性的刺激が無ければ勃起しないので、勃起の補助をする薬くらいの気持ちで考えましょう。

レビトラのジェネリック薬では、レビトラジェネリック(ジェビトラ)というのが有名ですね。1錠20mgで、100円台で購入できるので、コストパフォーマンス力に優れています。

レビトラ服用者の口コミ情報

  • ED治療薬の中では、レビトラが群を抜いて効果を発揮しました。硬さもばっちり。持続時間も長くてなかなか良いですよ。(50代)
  • レビトラを使って久しぶりに最高のセックスができました。精力が落ち込んでいて悩んでいましたが、もっと早くから使うべきでした。(30代)
  • 食事・飲酒に左右されないというところが気に入って、レビトラを服用しています。個人差もあると思いますが、私はあまり副作用を感じなかった。自分の体質に合っているのでしょうね。(20代)

大阪のクリニックで処方される場合の費用相場

[レビトラ]

  • 1錠(10mg)1,500円前後
  • 1錠(20mg)2,000円前後

[レビトラジェネリック薬:ジェビトラ・SAVITRA]

  • 1錠(20mg)100円~350円

レビトラの購入に関して

安全な購入のために注意したいこと

レビトラには副作用があり、既往症や服用中の薬との併用において厳重な注意が必要となる「併用禁忌薬」があります。また、適切な服用法を知らなければ、効果が十分に得られない可能性も。加えて、ネット通販などでは偽薬を販売している悪質な業者も存在しています。レビトラを正しく安全に服用するためには、医師の処方を受け、信頼できるところから購入するようにしましょう。

使用は医師の指示に従う

レビトラはバイアグラと同じED治療薬ですが、有効成分はバルデナフィルという別の成分です。このため、バイアグラで効果がなかった人におすすめですが、勃起不全の原因によっては十分な効果が得られないこともあります。また、併用禁忌薬を服用中の場合は処方できないこともありますので、必ず医師の診察を受けてください。また、その際には既往症や服用中の薬について正確に申告するようにしましょう。

ネット通販や個人輸入は避けよう

レビトラは個人輸入によるネット通販での売買が盛んです。しかし厚生労働省の認可を受けている薬なので日本国内での入手が可能。また、海外では偽造薬品が多く発見されていますが、これらは知的財産権を侵害する恐れがあります。偽造薬品の国内への持込は、処罰を受ける可能性も。さらに、偽造薬と気付かずに服用した結果、予期せぬ健康被害を引き起こすこともあります。このように、レビトラの個人輸入やネット通販は複数のリスクを伴いますので、信頼できるところから購入するのがおすすめです。

間違った購入や使い方のリスク

自己判断での服用は危険

レビトラには副作用があり、既往症や服用中の薬との併用により重篤な健康障害が起こる恐れがあります。また、ほかのED治療薬とは違う飲み方のポイントなども。薬の知識はインターネットでも入手できますが、薬の効果には個人差があります。専門医に相談することで、効果的な飲み方や薬との相性を知っておきましょう。

EDで悩んでいる人の割合は40~50代の男性では二人に一人です。正しい処方を受けることで十分な効果も期待できますので、考えすぎることなく積極的に医師の診察を受けることをおすすめします。

使用する場合の注意例

以下の既往症がある人

  • 心筋梗塞や脳梗塞などの心疾患
  • 重度の肝機能障害がある人や人工透析を受けている人
  • 抗不整脈薬を服用中など、心血管系に障害がある人
  • 硝酸剤、抗ウイルス薬 (HIV治療薬)を服用中の人

レビトラ供給停止について

2018年、バイエル薬品から発表された「レビトラ供給停止」というニュースが、ED治療業界で大きな話題となりました。同年12月以降には供給が再開されたため、一安心と思ったのも束の間。2019年3月に再度同社から供給停止のアナウンスがありました。前回から半年も経たず、2度目の供給停止です。

そのため、現状在庫にある分がなくなると、以前のようなレビトラ不足に陥る可能性があります。もしレビトラによるED治療をおこなっているなら、在庫が残っているうちにストックしておいたほうがいいでしょう。

供給停止の背景

バイエル薬品によると、今回のレビトラ供給停止の理由は「海外工場における生産遅延」とされています。また、医療機関や関係者の話によると、ドイツのレバークーゼンにある工場がレビトラの製造を中止するため、供給停止になったとのことです。製造中止の理由については「他の薬品の生産を優先するため」だと言われています。

前回は工場の安全性や設備に問題があり、改修工事が必要となったので、生産ラインも止めざるを得ないという状況でした。しかし、今回は工場を稼働させたまま、他の薬品を製造し続けているということになります。

供給再開の目途は?

今回のレビトラ供給停止については、生産工場自体は今も稼働しているため、前回ほど停止期間は長くならない可能性があります。しかし、供給再開の目途がバイエル薬品から発表されているわけではないので、レビトラの再生産・再供給がいつ始まるかは、今のところわからないというのが実情です。

参考までに前回を例に挙げてみると、2018年1月にレビトラ供給停止の発表がありました。その後は「3~4ヶ月ほどで再開されるだろう」「遅くても夏頃には再開されるのでは?」と予想されていましたが、実際に供給が再開されたのは年末12月頃。およそ10ヶ月以上待たされる結果となったのです。

そのため、レビトラでED治療を行っているなら、事前に対策をとっておく必要があります。クリニックに在庫があるなら、多めに処方してもらうのが一番ですが、供給停止が長引いたときに備えて、別のED治療薬や治療方法を検討してみるのも一考です。

レビトラのジェネリック薬に注意

レビトラ供給停止が長引くと、どこを探しても手に入らないという状況に陥る可能性があります。それでも「レビトラがどうしても欲しい!」という方は、ジェネリック薬で代用しようとするかもしれません。

しかし、2019年7月現在、日本国内で認可されたレビトラのジェネリック薬は存在しません。海外から個人輸入などで入手することもできますが、ニセモノも多く出回っているので安易に使用するのは控えた方がよいでしょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi