再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

【番外】個人輸入薬と処方薬の違い

処方されるED治療薬と個人輸入のED治療薬の違いについて調べてみました。

ED治療薬の個人輸入品は、偽物がいっぱい

インターネットなどで簡単にED治療薬の情報が手に入るので、自分でED治療薬を入手しようと考える方も増えているようです。

しかし、安易なED治療薬の個人輸入は禁物。

現在日本には、様々な経路を通じてED治療薬の偽造品や模造品が出回っています。
入手する代表的なルートはインターネットを使った「個人輸入」と「海外での直接購入」があげられます。

医療用医薬品の個人輸入自体は、自分で飲む限りにおいて法律により認められていますが、市場に出回っているものは成分などの保障もなく、ニセモノの可能性が高いようです。

偽造ED治療薬は効果がないだけでなく、不純物混入による健康被害を被る危険性も無視できません。

偽造ED治療薬を服用して、低血糖による昏睡などの重篤な健康被害で死亡するといった例もあります。

偽物による健康被害事例

日本国内でも偽造ED治療薬による健康被害が起こっています。中には死亡例もあるため、実際の事例を確認して偽物がもたらす危険性をしっかり理解しましょう。

事例その1

2010年6月、奈良県に住む40代の男性が、海外から個人輸入した偽造ED治療薬を使ったところ、けいれんや意識障害が発生した。その後、病院に搬送されて処置を受けた結果、回復して退院された。

事例その2

2011年1月、呼吸困難より搬送された患者が、間質性肺炎により死亡された。その後、患者が服用していたシアリスが提供されたため分析。因果関係は明らかではないが、他のED治療客の有効成分である「シルデナフィル」が検出された。

このように偽造ED治療薬は重篤な健康被害をもたらす恐れもあるため、安全性を考慮するなら、信頼のおける医療機関から購入するのがベストだと言えます。

ネット販売のED治療薬は偽物だらけ

「こっそり手に入れたい」「クリニックに入るところを見られたくない」といった理由から、インターネット上でED治療薬を購入する方が後を絶ちません。ですが、ネット上で販売されているED治療薬のうち、なんと4割は偽物だということが、製薬会社の調査で明らかになっています。

日本を含めてEDに悩んでいる方は世界中にたくさん存在しています。それに伴いED治療薬の需要も高くなっているため、多くの企業から儲かるビジネスとして注目されています。

しかし、企業の中には「金儲けができれば健康被害なんてお構いなし」という悪徳業者も少なからず存在しているため、偽物が出回ってしまう事態になってしまったのです。

もちろん信頼できる業者もたくさんいるので、ネット販売が絶対ダメとまでは言えません。しかし、現状ネット販売により偽造ED治療薬が出回っていることも紛れもない事実です。そのため、どうしてもネットから購入したいなら業者の運営元やお客様レビューをよく確認するようにしましょう。

偽物のとんでもない製造方法

偽造ED治療薬は主に中国や韓国、タイといったアジア諸国で製造されています。製造と言っても一般的な製薬会社と異なり、設備が整った工場やラボで作られているわけではありません。ほとんどは安全性を欠いた不衛生かつ劣悪な環境で製造されています。

例えば、中国の悪徳業者が使っていた製造現場はゴミが散乱していることに加えてロクな設備がなく、およそ工場やラボとは言い難いような環境であったと調査で判明しています。

また、製造方法自体も最悪としか言いようがないものです。なんとプリンターのインクを用いて、正規品と同じように着色するという、とんでもない製造過程が含まれているケースも存在していたのです。これでは健康被害が多発するのも無理はありません。

偽物の見分け方

偽造ED治療薬を掴まされないためには、実際に見分ける必要があります。ただし、悪徳業者の手口も狡猾になっており、ほとんどの偽物は本物と見分けがつかないくらい、悪い意味でクオリティが上がっています。特に素人からすれば、形も色も全く同じように見えるため、外見から判断するのは困難です。

実際に服用して効果があるかどうか確かめるという方法もありますが、副作用や健康被害のことを考えるとオススメできません。治療薬として最低限の基準すら満たしていないものが出回っている以上、取り返しのつかない事態になる恐れもあるためです。

では、どのように見分ければいいのかと言うと、購入前の時点でチェックするのが一番です。ネットから購入する場合は価格が安すぎないか、説明文やサイトが丁寧に作られているか、電話対応に問題がないかなど、信頼性に繋がるポイントをしっかり確認しましょう。

偽物を国内に持ち込むと処罰される

海外でED治療薬を購入して国内に持ち込んだ場合、それが偽物だと故意かどうかに関わらず処罰される恐れがあります。偽造ED治療薬を持ち込むことは、知的財産権の侵害にあたるためです。

そのため「ネット販売じゃないから・・・」と楽観視するべきではありません。実物を確認しても、素人目に偽物と本物を見分けるのは難しいので、海外で購入するのも避けたほうが無難です。

偽物を買うと個人情報が流出する?

アンケート調査によると、ネットでED治療薬を購入された方の中には、個人情報が流出してしまった可能性があるケースも見受けられます。

「購入してから変なメールが届くようになった」といった軽微なものから「カードをスキミングされた」という実害に直結しかねないものまで、様々な報告が上がっています。

悪徳業者に引っかかってしまうと、偽物を掴まされるだけにとどまらず、個人情報を悪用される恐れもあるのです。

ジェネリック医薬品は偽物ではない

医療機関や通販サイトでは、安価なジェネリックのED治療薬が販売されていることもあります。

ジェネリック医薬品とは、既に安全性と有効性が証明されている成分を使って、開発元とは別の製薬会社によって製造されたものです。新薬に比べると開発期間やコストを大幅に抑えられるため、安価に提供することができるのです。

正規品のED治療薬にも、バイアグラやシアリスのジェネリックが存在しています。本来の半額以下で購入できる場合もありますが、ジェネリックは効果が薄いから安価というわけではないので、安心して購入しましょう。

安心してSEXを楽しむためにもED治療薬は必ず医師から処方

ED治療薬は、下半身のケア目的とはいえ、やはり薬です。サプリメントや怪しげな精力剤と勘違いしないこと。手に入れて服用する場合は、信頼のおける医療機関で先生に相談してから処方してもらうことが最善の選択なのです。

勃起不全を直すつもりでいて、安易に個人輸入のED治療薬を飲んでカラダの他の所の具合が悪くなったり、健康被害を受けたら本末転倒。

ED治療薬は、あくまでも「処方せんによる処方薬」。この事実をしっかりと肝に銘じておきましょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi