再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi HOME » 定番ED治療薬の特長と口コミまとめ

定番ED治療薬の特長と口コミまとめ

クリニックで処方されるED治療薬に関する情報をまとめています。

クリニックではどのようなED治療薬が処方されているのか?

ED治療薬として有名な薬といえば、バイアグラが挙げられるくらい今ではすっかり有名ですね。

他にもレビトラやシアリスといったED治療薬があります。最近ではバイアグラのジェネリック薬も発売され、注目を集めています。

でもその詳しい薬効や服用に際しての注意点、副作用時の対処法などを理解している方はまだまだ少ないのではないでしょうか。今までギンギンに勃っていた方なら、ED治療薬なんて興味ないのも当然ですからね。

しかし、EDになったからと慌ててED治療薬を飲むのは禁物。本来、医薬品であるED治療薬は、医師から処方される薬であることをまず、肝に銘じておいてください。

よく個人輸入でED治療薬購入を促すサイトもありますが、言語道断。ED治療薬は人によっては副作用も心配されるからです。ここでは個人輸入薬と処方薬に違いについてもしっかりと解説しておきますので、目を通しておいてください。

バイアグラ

「バイアグラ」は世界初のED治療薬であり、現在も多くの患者さんに利用されています。日本でも1999年に厚生省(現厚生労働省)によって認可されました。EDかどうかを問わず、名前くらいなら知っているという方が多いのではないでしょうか。

バイアグラは服用してから約30分~1時間程度で効果が現れてきます。持続時間は3~4時間程度です。世界110ヶ国で処方されているという実績があるため、有効性はもちろん安全性にも優れたED治療薬です。

注意しなければならないのは、バイアグラを飲めば勃起するわけではないということです。バイアグラはあくまで「勃起を誘発させる薬」なので、実際に勃起させるには性的刺激が欠かせません。

また、バイアグラ自体に性欲増進作用や興奮作用はないため、それを目的に服用するのは避けましょう。

バイアグラのデメリットとしては、食事の影響を受けやすいことが挙げられます。空腹時、または食後1時間以上が経過してから服用するのがベストです。

レビトラ

「レビトラ」はバイアグラの次に誕生した第2世代のED治療薬です。日本でも2004年に厚生労働省から認可を受けています。第2世代というだけあって、第1世代のバイアグラより主に効果面で優れていることが特徴です。

特に即効性が優れており、服用してから10~20分で効果が現れてきます。さらに、バイアグラの持続時間は長くても5~6時間ですが、レビトラは最長で10時間程度も持続します。

また、レビトラは食事の影響を受けにくいため、服用のタイミングを調整しやすいこともメリットです。ただし、一切影響を受けないわけではなく、700キロカロリーまでに抑える必要があります。

一方、レビトラのデメリットとしては「併用禁忌薬」が多いことが挙げられます。重大な副作用が起こる可能性もあるため、処方を受ける際は医師からの説明をしっかり受けましょう。

尚、レビトラもバイアグラと同じく「勃起を誘発させる薬」です。性的刺激が必要なことや、性欲を高める作用がないことも同様なので、その点には注意しましょう。

シアリス

「シアリス」はバイアグラ、レビトラに続く第3世代のED治療薬です。日本では2007年に厚生労働省から認可されました。現在、シアリスは世界で最も人気のあるED治療薬であり、市場全体の4割を占めると言われています。

シアリスの大きな特徴は、持続時間が長いということです。なんと最大36時間も効果が持続します。そのため「SEX中に効果が切れないだろうか」といった不安やプレッシャーを感じる必要はありません。

また、シアリスは食事の影響を一切受けることがありません。食事を制限したり、カロリーを計算したりする必要がないため、SEXの前に好きな食事を楽しむことができるのです。

さらに、第3世代として他のED治療薬より改良が進んでいるため、副作用も少ないこともメリットです。ただし、全く起こらないわけではありませんし、シアリスにも併用禁忌薬はあるので、闇雲に服用するのはやめましょう。

ちなみに、シアリスと同じ成分を使ったものとして「ザルティア」という治療薬が存在します。詳細は後述しますが、基本的に効果は同じです。

シルデナフィル

「シルデナフィル」はバイアグラのジェネリックです。バイアグラはED治療薬として、2014年に日本国内での特許が満了となったため、ジェネリックが解禁されました。それに伴い、シルデナフィルが誕生したのです。

名前は違いますが、使われている成分はバイアグラと一緒なので、当然ながら効果も同じです。シルデナフィルは様々な製薬会社から販売されていますが、基本的に効果の差はないと考えてもらって構いません。

そして、シルデナフィルはジェネリック医薬品なので、なんと言っても安く購入できることが魅力です。バイアグラは1錠(50mg)あたり約1,500円前後かかりますが、シルデナフィルなら約1,000円以下で済みます。1錠(25mg)なら500円ちょっとで購入することも可能です。

また、シルデナフィルは一般的な錠剤だけではなく、水なしで服用できるOD錠もあります。OD錠にはレモン味とコーヒー味の2種類が存在するため、薬が苦手な方でも飲みやすくなっています。もちろん、錠剤と効果は変わらないため、好みに合わせて選択可能です。

ザルティア

「ザルティア」は前立腺肥大症を治療するための薬です。ザルティアの主成分は「タダラフィル」というものですが、シアリスにも全く同じ成分が含まれています。つまり、ザルティアとシアリスは同じ薬なのです。

なぜ、名前が異なるのかというと、治療薬としての目的が異なるためです。シアリスはED治療薬として販売されていますが、ザルティアは前立腺肥大症に効く新薬として認可・販売されているものです。

また、治療薬として別々に扱われていることにより、保険適用の有無も異なっています。ED治療は保険適用外なので、シアリスの購入は全て自費負担となります。一方、前立腺肥大症は保険が適用されるため、ザルティアは安ければ500円以下で処方してもらえます。

「前立腺肥大症を装えば実質的にシアリス(ザルティア)が安く手に入るのでは?」と考える方もいるようですが、そんなことはありません。

ザルティアとシアリスの性質について、厚生労働省や医療機関は当然よく理解しています。そのため、処方にあたって厳重なチェックが入ると考えられます。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi