再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDと亜鉛の関係

ここではEDと亜鉛の関係についてまとめました。

亜鉛不足になるとEDのリスクになる?

サプリメントなどで「亜鉛」という成分の名前を目にしたことがある人も少なくないでしょうか。亜鉛とは、身体細胞の新陳代謝に欠かすことができないとても重要な要素で、亜鉛不足になれば、免疫力の低下や味覚障害といった機能不全の症状が現れることもあります。

そうした亜鉛ですが、よく耳にするのが「亜鉛不足になると、EDのリスクも高まる」という指摘。ペニスなどの勃起機能にも、亜鉛不足は影響してくるというのです。これは本当でしょうか?またそうだとすれば、どのようなメカニズムで起きているのでしょうか?

そもそも亜鉛とは?

亜鉛とEDの関係を知るために、まずは、「そもそも亜鉛とはどのような成分なのか」について、詳しくみてみましょう。

亜鉛は身体に欠かせない成分

亜鉛は身体細胞の新陳代謝に欠かすことができない成分です。つまり、肌の細胞や毛髪の生成はもちろん、味覚や免疫能力、また生殖機能など、身体の様々な機能に必要なものなのです。このような亜鉛は、大人の身体の場合、体内に全部で約2gほどの量が存在しており、皮膚や筋肉、血液、眼球、肝臓、肝臓、また脳や骨内などにも多く含まれています。また、約200種類にものぼる酵素を構成する成分でもあり、身体に欠かすことができないミネラルとして機能しています。亜鉛はこれらの酵素の働きを活性化させることで、体内の細胞の生産やたんぱく質の合成を促し、私たちが生きていくために必要な働きを支えているのです。

亜鉛が不足するとどうなるか

このように私たちが生きるために必要不可欠な亜鉛ですが、不足してしまうと、身体にはどのような影響が出てくるのでしょうか?

日常的にバランスの良い食事をしていれば亜鉛不足になることはまずないと言われています。しかし、近年では食事内容の偏りなどにより、亜鉛の推奨摂取量が男女ともに下回るなど、亜鉛の摂取不足になってしまうことが少なくありません。もしも下記のような症状に覚えがあれば、それは亜鉛不足から来るものかもしれません。

味覚の障害

亜鉛不足のサインとしても知られていますが、まず、亜鉛が不足することによって、一時的な味覚障害が起こる場合があります。

食べ物の味を判別する際、私たちは口内の舌の表面にある「味蕾(みらい)」という感覚器官の働きによってそれを行っています。この味蕾が「美味しい」といった味わいを感じるのです。この味蕾ですが、実は新陳代謝が活発な器官としても知られており、なんと約4週間の周期で生まれ変わっています。亜鉛はこの味蕾の新陳代謝の働きを促す働きをしていますが、不足してしまうと、味覚を感じる味蕾の新陳代謝が十分にできなくなり、やがて味覚障害という症状として出てくるのです。味覚障害になると、味が感じられないだけでなく、嫌な味わいとして感じられる、何も口にしていないの塩味や苦味を感じる、といった症状も出てきます。

免疫力の低下

新陳代謝を促す亜鉛ですが、亜鉛不足になることで、体内に侵入したウイルスなどに対する免疫機能をになっている様々な細胞の働きにも亜鉛不足の影響が出てしまい、免疫力が低下してしまうこともわかっています。免疫力が低下してしまうと、肺炎をはじめとした様々な感染症を羅漢してしまう可能性があるほか、自己免疫疾患を発症してしまうこともあります。

皮膚の異常や抜け毛

亜鉛不足による細胞の新陳代謝の不全は、皮膚や爪、毛髪、粘膜といった部分にも影響が出てきます。思い当たる病気や原因がないにもかかわらず、皮膚にかゆみがでたり、慢性的な湿疹が出たり、爪に異常を感じたり、抜け毛が増えたり、といった症状がある場合、それは亜鉛不足かもしれません。

ネズミなどの動物実験では、あえて亜鉛を欠乏させることで毛が抜けてくることがわかっています。これは、毛の生成に皮膚の状態が関わっているからです。

成長障害

これは成長期の子どもに見られる症状ですが、亜鉛不足は成長障害を起こすことがあります。途上国の子どもでは、亜鉛不足による身長が伸びなかったり、体重が増えなかったり、第二次性徴の遅れが見られます。これも、細胞の分裂と増殖に亜鉛が欠かすことができないためなのです。

亜鉛不足は男性機能の低下も

このように、亜鉛不足による身体への影響を見てきましたが、亜鉛の欠乏は、EDなど男性機能の低下をもたらすこともわかっています。

専門家のあいだでは、「セックスミネラル」とも呼ばれている亜鉛。精子の生成、男性ホルモンの分泌など、亜鉛は男性の生殖機能にとても深く関係しています。男性の身体においては亜鉛は、前立腺や性腺に高い濃度で含まれており、男性ホルモンの合成や精子を作り出す働きを促しているのです。

また、亜鉛は、代表的な男性ホルモンである「テストステロン」の生成にも関係しています。男性の不妊症状にも、亜鉛の欠乏症が指摘されるケースがあり、亜鉛が不足している男性は精子の数や運動性が低いことがわかっています。同様の理由により、EDを引き起こすリスクとしても、亜鉛不足は指摘されているのです。

亜鉛を摂取するには

亜鉛不足は、ほとんどの場合、食事を見直すことで改善することができます。亜鉛は肉や魚介、果実、穀物など多くの食材含まれており、とりわけ牡蠣や豚レバー、牛肉、卵、チーズ、アーモンドなどに特に多く含まれています。こういった食材を食事に取り入れることで、亜鉛不足を解消することができるのです。

また、亜鉛を摂取するためには、食べ合わせの工夫をすることが大切です。亜鉛が不足している原因として多いのが、インスタント食品中心だったり、偏食したり、といった食生活です。亜鉛は体内での吸収率は約30%と低いため、こういった偏食によって、ますます亜鉛不足になってしまうのです。

そのほかにも、ダイエットで食事を減らしたり、スポーツに注力しすぎることも亜鉛不足の原因になります。サプリメントで亜鉛を摂取しようとすることも、かえって吸収力の低下を招くため、大量に摂取することはあまりよくありません。

亜鉛を取り入れやすい食べ合わせになっている料理もあります。例えば、「肉じゃが」や「チンジャオロース」、「牛しゃぶサラダ」などが良い例です。お酒をよく飲まれる方は尿として亜鉛が体外に排出されてしまうため、適切量を守りながら、例えばおつまみに亜鉛を多く含むもの(ナッツなど)を取り入れてみるのもよいでしょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi