再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDと膣内射精障害の関係について

ここではEDと膣内射精障害の関係についてまとめました。

射精障害とは?

「ペニスは勃起するし、自慰行為で射精することもできる。しかし、女性との性行為となり膣内に挿入したら、どうしても射精することができない。」こうした悩みを耳にしたことはないでしょうか?クリニックの専門家によると、こうした症状には、「膣内射精障害」として診断されています。

そもそも射精障害とは「ペニスの勃起はするけれども、射精するにあたってなんらかの不具合がある状態」のことを、総じて「射精障害」と言います。射精障害に含まれる症例は、「射精が全くできない」という状態にはじまり、いわゆる「早漏」「遅漏」の場合も含まれます。また、「逆行性射精」という症状もあげられるほか、上で述べた「膣内射精障害」も含まれます。

射精障害の諸症例

「射精がまったくできない」場合、その背景にはストレスをはじめとした心理的な問題があることが多く、医師や専門家のカウンセリングによる治療がおこなわれるでしょう。性行為そのものがこころの働き(メンタル)と密接に関わっている行為ですから、こうした症状に苦しむことは珍しくないのです。「早漏」や「遅漏」についても同じことが言えます。性行為や子づくりについてのプレッシャー、緊張などが原因となり、射精障害を引き起こしているケースも少なくありません。

また、精液がペニスを通じて外部に射精されず、体内の膀胱に向かって射精されてしまう「逆行性射精」という症状も、射精障害に含まれます。尿を検査して、そのなかに精子が検出されると、この「逆行性射精」を発症しているとされています。

膣内射精障害とは?

膣内での射精が困難に

「膣内射精障害」は、別名「男性膣不感症」とも呼ばれています。その名の通り、性行為中に女性の膣内にペニスを挿入しても、射精に達するための性的な感覚を感じることができず、射精することができない症状を指します。そうした症状が現れているにもかかわらず、ペニス自体は勃起することができ、自慰行為では射精可能な場合も、「膣内射精障害」のポイントの1つとして挙げられます。パートナーとの性生活において悪影響を及ぼす可能性がありますし、不妊の原因として深刻な悩みになっている「膣内射精障害」は捉えられています。

誤った自慰行為が原因か

自慰行為では射精できるけれども、女性の膣内では射精できない「膣内射精障害」の場合、その原因は普段の自慰行為にある可能性があります。とりわけ、刺激が強すぎる自慰行為や特殊な自慰行為を続けていたり、自慰行為の回数が多すぎることで、女性との精行為では刺激が足りずに、射精できなくなってしまうことが少なくないのです。

誤った自慰行為としては、ペニスを手で強く握りすぎたり、固すぎるものにペニスを擦りつけることなどが挙げられます。普段から強すぎる刺激を与えていると、ペニスが皮膚化してしまいますので、膣内射精障害のリスクが高まります。また、性的なグッズ、現実にはありえないシチュエーションの動画・画像などを使った自慰行為も、誤った自慰行為のうちに含まれると言えるでしょう。性的興奮を高めすぎる特殊な妄想に慣れてしまうと、実際の性行為における性的興奮では「物足りない」という錯覚を引き起こしてしまうからです。また、自慰行為の回数が多すぎることも、膣内射精障害の原因になりかねません。普段から自慰行為をすることで、性行為における性的な興奮に慣れてしまい、射精できなくなってしまうのです。

心因性の原因であることも

また、膣内射精障害の原因が、コンプレックスや緊張などの心因的なものであることもめずらしくありません。一説によると、膣内射精障害の実にその9割が心因性の原因である、とも言われています。射精をするためには性的な興奮を高めなければなりませんが、そもそもの性格や、罪悪感をはじめとした何らかの引っかかりのためにそれが阻害されてしまうと、性的な興奮が減退してしまい、なかなか射精にいたることができないのです。こうしたこころの引っかかりは膣内射精障害を悪化させ、症状の解消はますます難しくなってしまう傾向にあります。ひとりで悩まずに、パートナーと深く話し合ったり、クリニックの専門家や医師のカウンセリングを受けることをお勧めします。

膣内射精障害の改善方法

パートナーとの関係性に悪影響を与えかねない「膣内射精障害」ですが、それでは、いったいどのようにしてこれを改善することができるのでしょうか。

正しい自慰行為を身につける

膣内射精障害の発症が、誤ったやり方の自慰行為を続けてきた結果である場合、適切な自慰行為を身につけることで症状を改善していくことができるでしょう。適切な自慰行為とは、女性の膣と同程度の刺激を手でペニスにくわえながら、ゆっくりとリラックスして、時間をかけておこなうものです。その際、動画や画像などの性的な情報に依存することなく、自らの想像力によって性的な興奮を高めてきましょう。

また自慰行為を行う回数も、多すぎる場合は減らすようにすることも効果的とされています。適切な頻度としては、3日に1回程度に回数をおさめることで、性行為の際に性的な興奮を高めやすくなることでしょう。

心理的な原因を解消する

心理的な原因によって膣内射精障害になっている場合は、当人の意識変化を促すことで症状の改善を図ることができるかもしれません。もともとの性格からきてしまう不安やコンプレックスであれば、なおさら意識を変えることが大切です。専門的な治療法として、医師のカウンセリングを受けることも検討してみてください。

また、ストレスを引き越している心理的な原因を遠ざけることからも改善を促してゆくことができるかもしれません。例えば、不妊の悩みやプレッシャーが原因になっている、いわゆる「子づくりED」のように、妊活のプレッシャーによって膣内射精障害を引き起こしてしまっている場合などは、逆に避妊をするという対策方法もとりえるようです。自分自身の心理的なストレスが何であるのかを見出し、それを取り除くことで症状を改善していくようにしましょう。また、パートナーとのコミュニケーションを深めることも症状の改善には有効ですから、1人で悩まないようにしましょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi