再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

幹細胞注射によるED治療

ここでは、幹細胞注射によるED治療についてまとめました。

ED治療における幹細胞注射

ED治療における幹細胞注射とは、細胞の再生を促す治療剤をペニスに直接注射することで、血管組織を細胞レベルでの再生を目指せる治療法のことです。バイアグラなどの服薬治療が対処療法的であることに対し、幹細胞注射による治療は、EDの根本的な治療として知られています。

「ペニスに直接注射するなんて痛そう!」と思われる方もいるでしょう。しかし、治療には超微細の針を使用するため、通常の注射のような痛みはほとんどなく、また1クール4回から気軽にできる幹細胞注射の治療もあるようです。

そもそも幹細胞注射とは

そもそも幹細胞注射とは、再生医療の治療法のひとつです。ED治療のみならず、エイジングケアをはじめ、認知症を含む脳梗塞後の後遺症や、肝硬変、自己免疫疾患など、様々な分野の再生治療で用いられています。

治療に用いられる「幹細胞」には、自己複製能と呼ばれる自分とまったく同じ細胞を複製したり、体のさまざまな細胞に分化する能力があります。この能力を利用して、幹細胞注射では、本人の細胞組織から採取・培養した幹細胞を本人の患部や血液中に注入し、治療したい細胞組織の修復、再生をはかります。

期待される効果

再生医療は、人間の体の「再生する力」を利用して、失ってしまった機能を元通りに戻すことを目指しています。そのため、服薬によって症状を和らげたり、一時的に機能を復帰させる対症療法とは異なり、症状を根本から治療することが期待された医療です。

服薬による症状の緩和や改善が一時的であることに対して、再生医療は機能を根本から治療するため、治療によって改善した効果が持続。また、薬の副作用などの心配もなくなるなどのメリットが挙げられます。

体への負担は?

幹細胞注射は、人間の体の中にもともとある細胞を使うため、ES細胞やiPS細胞といった他の幹細胞に比べて、倫理的な問題や、発がんのリスクが極めて低いとされています。また、幹細胞の採取は容易にできて体の負担も少なく済むとされています。

ただし、後にも記載しますが、幹細胞治療はまだ研究段階の治療法です。思わぬ副作用の可能性があることも認識しておきましょう。

効果を信用しすぎないことも大事

幹細胞治療自体、研究が進められていますがまだまだ分かっていないことも多く、効果や副作用についてもはっきりとしたところまでは判明していないが現状と言えるでしょう。治療トラブルなども報道されており、一部では社会問題にもなっています。幹細胞注射によるED治療の選択にあたっては、クリニックの医師や専門家と相談し、リスクもあることも認識したうえで選びましょう。

また、日本で再生医療をおこなうクリニックには、法律に基づく厳しいチェックが求められています。受診するクリニックが厚生労働省に受理された施設であるかどうかも、必ず事前に確認しておきましょう。

幹細胞注射によるED治療

ここからは、幹細胞治療による2つのED治療法を紹介します。

SHED-CM療法

SHED-CM療法は、銀座ソラリアクリニックの古賀祥嗣院長が、平成28年に特許出願したED治療法です。最先端の再生医療に着目して開発されたもので、細胞レベルから蘇るEDの根本的な治療剤「SHED-CM」を陰茎部に注射投与することで、勃起機能が根本的に回復するとされています。

特徴

「培養上清液SHED-CM」とは、乳歯歯髄幹細胞を培養する際に生成される上澄み液で、生理活性物質が豊富に含まれており、損傷した組織の修復や組織を保護する機能がある、とされているものです。SHED-CM療法は、これを局部に注射することで、ペニスの内皮細胞の再生を促していきます。

ある研究によると、EDの原因の70%は血管障害だそうです。つまり、ペニスの血管組織の損傷が勃起不全を引き起こしている、ということになります。SHED-CM療法は、この損傷した血管組織を細胞レベルで再生させることで、組織の機能を回復させていきます。

メリット

また、SHED-CM療法には「細胞の機能を活性化し、血管の”自己再生能力”を引き出す働きもある」とされ、「幹細胞移植と同等または、それ以上の効果が得られる」という報告もあるほど、そうであれば、移植よりも安全で比較的安価なコストで治療できると言うことができます。

歯髄幹細胞培養上清液(SGF)ED治療

幹細胞上清療法「SGF」によるED治療もまた、ペニスの血管内皮細胞を根幹から再生するED治療です。

「SGF」とは、乳歯歯髄幹細胞を培養する際に作り出される培養上清液のことです。豊富な種類の生理活性物質が含有されており、幹細胞移植と比べても同等もしくはそれ以上に効果的である、と言われています。 また陰茎海綿体のみならず、体内の内皮細胞の再生も促すため、生活習慣病の予防としても期待できるとされています。

eNosの分泌を改善

バイアグラやレビトラなど、ED薬の服用による治療は、「eNOS」という「勃起を促す物質」の分泌を促すものです。しかし、そもそも血管内皮細胞の機能が劣化している状態では、たとえ薬によって働きかけても、eNOSの分泌がほとんど行われません。

これに対して「SGF」によるED治療は、血管内皮細胞の機能そのものを改善するため、勃起に必要な体の仕組みであるeNOSの分泌を正常に戻すことができます。

効果は持続

また、血管内皮細胞が再生するため、勃機能の回復は持続します。これも、服薬による機能の改善が一時的であることと異なる点です。

「SGF」によるED治療を受けた患者の9割が、ED治療薬を服用しなくても、で国際勃起機能スコア(IIEF-5)の正常範囲内に改善している、という報告もあります。

対象

「SGF」によるED治療の対象は、軽症~中等症の血管障害によるEDです。また、「根幹からEDを治療したい」、「バイアグラなどの副作用が気になる」という方にも向いていると言えるでしょう。

施術の流れ

治療では、ペニスの根本に小さなヘアバンドをはめたうえで、陰茎海綿体の右左をそれぞれに1回、あわせて2cc注入していきます。超微細の針で打つため、通常の注射のような痛みはほとんどないといいます。週1回で4週間から受けることができます。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi