再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDと喫煙の関係

ここでは、EDと喫煙の関係についてまとめています。

喫煙はEDのリスクを高める

喫煙は健康に対してさまざまな悪影響がありますが、その影響はEDにも及びます。「米国疾病対策センター」の調査によると、壮年期男性で喫煙をしない人のED発症率は2.2%に対して、喫煙者の場合は3.7%と大きな差があったとのこと。さらにヘビースモーカーであればあるほど、EDの発症率は高まります。このように、喫煙はEDのリスクを高めてしまうのです。

喫煙をしている方で、「ペニスが勃起しない」「勃起しても硬さが足りない」、また「性行為中に中折れしてしまう」といったEDの症状に悩んでいる場合、そのEDの原因のひとつは喫煙かもしれません。下記では、EDと喫煙の関係について解説していますので、ご自身の症状と比較しながら、参考にしてみてください。

喫煙はなぜ勃起不全に影響するのか?

喫煙がEDのリスクを高める原因は、タバコに含まれている化学物質が血管を通じて体内に取り込まれ、臓器などの機能に悪影響を及ぼしてしまうのと同じ理由です。EDの場合は、タバコに含まれている化学物質が身体をめぐり、やがてペニスに蓄積されるていきます。その状態が続くとペニスが勃起するために欠かすことができない血流の循環に機能不全が起こってしまったり、血管の収縮・拡張機能を低下させてしまうのです。

こうなってしまうと、脳が性的な刺激を感知してペニスに勃起する信号を送ったとしても、血流の機能が健全ではないため、しっかりと勃起できなくなってしまったり、たとえ勃起できたとしても性行為の最中に中折れしてしまうといった、EDの症状を発症してしまうリスクにつながります。

喫煙がEDに影響するメカニズムは?

喫煙がEDの原因になる理由を、さらに詳しくみてみましょう。

ED治療の専門家が、「禁煙はEDの一次予防」と言うように、喫煙がEDの症状に及ぼすリスクは少なくありません。そもそも喫煙をすることによって身体には、「血圧の上昇」やペニスの勃起機能を阻害してしまう「酸化ストレスの増加」が引き起こされます。これらは血管の内皮部分を形成している細胞にもダメージを与えています。こういったダメージが蓄積されてしまうと、やがては血管の機能障害へと発展。心筋梗塞、狭心症といった命に関わる大病を引き起こすリスクが高まるのです。

タバコに含まれる成分である「ニコチン」も、EDの症状を引き起こす原因のひとつ。ニコチンには、血管を収縮させる強力な作用がありますから、ペニス内部の血液循環に悪影響を及ぼすことで、ペニスが勃起しにくくなってしまいます。勃起に欠かすことができない血液循環の機能を、タバコは阻害していくのです。

専門機関の調査では

また、別な専門機関の調査によると、喫煙がペニスの勃起力に及ぼす影響は、年齢や喫煙量によっても異なってきます。若い年齢の方が影響は受けにくく、本数が多ければ多いほどEDのリスクが高まる、ということです。

年齢が若く身体も健康であれば、ペニスが勃起するために必要な血流の機能も旺盛、かつ男性ホルモンの分泌量も多いため、喫煙によってEDの症状を発症するリスクは低くなります、しかし、20代をピークに男性ホルモンの分泌量が低下しはじめると、徐々にリスクは高くなっていきます。

喫煙量についてみてみると、1日に吸うタバコの本数が非常に多いいわゆるヘビースモーカーであるほど、EDを発症している割合は、本数が少ない喫煙者よりも多いことが判明しています。

禁煙することでEDの改善も

ここまで喫煙によるEDの発症リスクについてみてきましたが、ある調査によると、禁煙に成功もEDの症状が改善にも効果がある、ことがわかってきました。ペニスの勃起力についても同様に、禁煙による改善効果が認められています。これは極端な例ですが、「ひどいヘビースモーカーの場合、たった1日タバコを吸わなかっただけでも、勃起機能に改善があった」という報告もあるほどです。

効果的な禁煙方法は?

それでは、効果的な禁煙方法としては、どのようなものがあるでしょうか?

禁煙補助薬を利用する

なかなか禁煙できないまま、健康状態まで危惧されるようであれば、最も簡単に改善できる方法として、禁煙補助薬を使用することが挙げられます。最近の禁煙補助薬であれば、錠剤を服用するタイプで手を煩わせずに続けられるように。禁煙補助薬の作用としては脳の神経に働きかけ、「タバコがおいしくない」「タバコを吸わなくてもいい」と感じるようにすること。禁煙補助薬は、クリニックや病院の禁煙外来において処方してもらえます。

ちなみに禁煙補助薬は、バイアグラなどのED治療薬との併用も問題ありません。EDについても、喫煙についても症状が重い場合は、専門家に相談のうえ、使用方法をきちんと守って併用することで、症状の改善を図れます。

生活習慣を変える

治療薬を使わない禁煙方法としては、生活習慣を変えるよう試みることが基本となります。タバコの喫煙は一度癖になってしまうと、ほとんどの場合生活習慣のひとつとして定着してしまうからです。

喫煙と結びついている生活習慣といえば、飲み会や食後のコーヒーなどです。飲み会は多くの人がタバコを吸いがちですから、自分も周りに合わせて吸いたくなりますし、コーヒーの味わいはタバコと相性が良いため、つい欲しくなってしまうものです。こういった習慣に流されないように、「飲み会は控えるようにする」「コーヒーは紅茶など別の飲み物に変えてみる」といった変化を自分に促すようにしてみましょう。

タバコに近づかず代用品を使う

せっかくうまく行っていた禁煙も、周囲に流されることで失敗してしまうことはめずらしくありません。誘惑に乗ってしまわないように、「そもそもタバコとライターを捨てる」といったことはもちろん、「喫煙者の近くには行かないようにする」「喫煙所やタバコの販売場所には近づかない」ことが大切です。

喫煙が長年染みついてしまった癖のように習慣となっている人もいることでしょう。そういった場合は、どうしてもタバコが吸いたくなってしまう瞬間に備えて、飴やガムといった代用品を準備しておき、タバコをどうしても吸いたくなったときにごまかすようにしましょう。

代用品に限らず、ストレッチや筋トレをしてみることも効果的です。身体を動かすことは、EDの改善効果も期待することができます。例えば、筋トレであれば、精力促進を促す男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量を増やすことが期待できますし、ウォーキングによって体内の血液の循環機能が高まれば、ペニスの勃起にも良い影響があります。

禁煙はEDのみならず健康そのものに良い効果があります。EDの症状をきっかけに、禁煙に取り組むことをお勧めします。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi