再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました
サイトマップ
HOME » ED改善薬を試す前に知っておきたいこと » ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用

正常に勃起しなくなったとき、ED治療薬を飲んでみようかと考える方もいるでしょう。こちらではED治療薬とは一体どのようなものなのか、また、副作用はあるのかについてまとめています。

ED治療薬とは一体どんな薬?

そもそもED治療薬とはどんな働きをする薬なのでしょうか。その効果が出る仕組みと有効成分についてご紹介します。

ED治療薬はどうやって効果を発揮する?

現在日本で認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類が挙げられます。どの種類の治療薬も、EDの原因となるホスホジエステラーゼ5(PDE-5) という酵素の働きを抑えることによって効果を発揮します。

そもそも男性器が勃起する仕組みは、細胞の中に環状グアノシン一リン酸と呼ばれる物質が増加することによります。環状グアノシン一リン酸は血管を広げて男性器を勃起させますが、その血管の広がりを鎮める働きを持つのがホスホジエステラーゼ5という酵素です。 EDの方はホスホジエステラーゼ5という酵素が活発に働き過ぎているため、その酵素の働きを抑えるのがED治療薬なのです。

治療薬に含まれている有効成分は

ED治療薬の有効成分は薬の種類によって異なります。バイアグラがクエン酸シルデナフィル、レビトラがバルデナフィル塩酸塩、シアリスがタダラフィルという成分が含まれています。 治療薬の種類によって配合されている成分は異なりますが、効果を発揮する仕組みは全て同じです。ホスホジエステラーゼ5の働きを鎮静化し、陰茎部分にある海綿体の緊張を緩和、さらに血流を改善する効果があります。

ED治療薬で考えられる副作用とその危険性について

薬には何らかの副作用があるものですが、ED治療薬も例外ではありません。ED治療薬の副作用は、血管が広がり血流が良くなること、血圧が下がることによって起きるものです。

  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 目が充血する
  • 動悸が激しくなる
  • 色覚変化
  • めまい

これらは時間が経てば自然に治るので、重篤な症状に発展するものではないので安心してください。ED治療薬の効果が表れた証ともいえます。 ED治療薬にはPDE6という網膜に存在する酵素の働きを抑える効果もあるため、視界に変化が起きる副作用があります。特にバイアグラとレビトラは視界が眩しくなることもあるのですが、この副作用も不安になるものではありません。

種類によって体質に合う場合と合わない場合がありますし、副作用についても個人差がありますので、色々と試してみることをおすすめします。

【参照】
ED Q&A - 日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/023.pdf

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
 
 
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi