再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

日常でできるEDの予防方法

ここでは、EDを未然に防ぐための予防方法についてまとめました。

EDの予防は生活習慣の改善から

EDは大きく分けると、以下の3種類です。

  • 器質性ED(血管や神経の不調により起こるED)
  • 心因性ED(ストレスや精神疾患により起こるED)
  • 薬剤性ED(薬の副作用により起こるED)

この中でも多いと言われているのが「器質性ED」です。なぜなら、器質性EDは日頃の生活習慣が大いに関わってくるためです。特に「食事」「運動」「睡眠」の3要素を見直せば、ED自体になりにくい体を作ることができます。

そのため、ED予防=生活習慣の改善と言ってもいいのです。

食事でサラサラ血液を手に入れる

そもそも勃起という現象は、ペニスに血液が送り込まれることで達成されます。言い換えれば、正常に勃起できるかどうかは、血液の流れやすさで決まるというわけです。つまり、EDを予防するためには、スムーズな血行を生み出すサラサラ血液を作らなければならないのです。

そして、サラサラ血液のカギを握っているのは「食事」に他なりません。血液に良いとされる食材を意識して摂取することが、ED予防につながるのです。

「オサカナスキヤネ」を中心に食べる

サラサラ血液を作り出すためには、以下の8種類の食材が欠かせません。それぞれの頭文字をとって「オサカナスキヤネ」と呼ばれているため、ぜひ覚えておきましょう。

(オ)お茶

お茶に含まれる渋み成分のカテキンには、アンチエイジングに有効な抗酸化作用があるため、血管の老化を防いでくれます。また、カテキンにはコレステロール値や血糖値も下げる効果もあります。

(サ)魚

特にイワシやサバといった青魚は、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいます。これらの栄養素は血管を流れやすくしたり、血栓を防いだりする効果があります。

(カ)海藻

昆布やワカメには、アルギン酸という食物繊維が多く含まれており、血糖値やコレステロール値を下げてくれます。また、ヨードという栄養素が新陳代謝を促し、血行を改善します。

(ナ)納豆

納豆のネバネバを作り出すナットウキナーゼには、血栓を溶かしてくれる効果があります。また、大豆そのものに含まれるイソフラボンがコレステロール値を抑えてくれます。

(ス)酢

酢に含まれるクエン酸には、赤血球変形能を高める効果があるため、血行を促進してくれます。また、体内の老廃物を排出する働きにより、コレステロールや脂肪の分解もできます。

(キ)きのこ

きのこ全般にはβグルカンをはじめとする、食物繊維が豊富に含まれています。血糖値やコレステロール値を下げる効果があります。

(ヤ)野菜

野菜は食物繊維に加えて、抗酸化作用の強いビタミンCやビタミンEが豊富です。血糖値やコレステロール値の抑制効果、および血管の若返りにも効果があるとされています。

(ネ)ねぎ

特有の匂いを生み出すアリシンは、血栓や血小板凝縮を防ぐ効果を持っているため、血行をスムーズにしてくれます。

脂っこい食材や甘いものはほどほどに

肉料理、ジャンクフード、お菓子、お酒などを過剰に摂取すると、血糖値やコレステロール値が上がったり、中性脂肪が増えたりするため、血液がドロドロになってしまいます。しかし、全く食べないのも逆にストレスとなるので、かえって体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

そのため、脂っこい食材は週1~2回、甘いものは脂肪が溜まりにくい午後3時に、お酒は休肝日を作ってたしなむなど、ほどほどに調整することが大切です。

運動で血行を良くする

食事に加えて「運動」もEDに深く関連しています。運動不足になると脂肪や老廃物が溜まり、血行不良を引き起こしてしまうからです。そのため、日頃から適度な運動を心がけることも、ED予防にとって必要不可欠なのです。

しかし、無闇やたらに運動すればいいというわけではありません。普段あまり運動しない人や、運動自体が苦手な人が無理に体を動かすと、怪我をしたりストレスを感じたりする恐れも出てきます。運動のせいで不健康になってしまっては本末転倒です。

健康目的なら、負担が少ない運動を長く続けることがポイントとなります。特にED予防の場合、スクワットとウォーキング・ジョギングが効率的です。

スクワット

ED予防において、最も効果的だと言われている運動がスクワットです。大腿四頭筋、大腿二頭筋、大殿筋など、下半身の大きな筋肉をまとめて鍛えられるため、血行の改善や男性ホルモン増加につながります。

また、スクワットにより「骨盤底筋群」も鍛えることができます。骨盤底筋群とは深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋という4つの筋肉のことで、簡単に言えば「勃起に必要な筋肉」です。

骨盤底筋群を鍛えれば、ペニスに届いた血液を留められるため、勃起状態をより長く維持できるようになるのです。

さらに、腰椎を鍛えられることもスクワットのメリットです。第一腰椎には勃起に関わる神経「勃起中枢」があるため、これを鍛えることでED予防につながります。

ウォーキング・ジョギング

ウォーキング・ジョギングも長期間続けやすい運動としてオススメです。これらは「有酸素運動」なので、全身に新鮮な酸素を送り出すことができます。そのため、体にかかる負担が小さくても、血行を促進してくれる効果は高いのです。

また、軽い運動はストレス解消効果もあるため、心因性EDの予防にも期待できます。

サイクリングはEDの原因?

他の有酸素運動としては、サイクリングも挙げられます。しかし、ED予防の観点から見ると、あまりオススメできません。なぜなら、サイクリングがEDの原因になるかもしれないからです。

「かもしれない」と言葉を濁しているのは、否定的な意見も出ているためです。実際、競輪選手など過酷な状況下で自転車に乗っている人を除けば、ほとんど相関関係が認められないというレポートも発表されています。

その一方、自転車に乗ると会陰部が圧迫されて、勃起に関する血管や神経に負担がかかることも、明らかとなっています。特に自転車に長時間乗っている人は、そうでない人に比べてEDを発症しやすいというデータも出ているため、全く無関係とも言えないのです。

サイクリングで運動不足を解消したいなら、負担の少ないサドルを装着して、適度な時間だけ乗るようにしましょう。

睡眠で男性ホルモン分泌を促す

ED予防に取り組むなら「睡眠」も忘れてはいけません。正常に勃起するためには、血液に加えて男性ホルモンが必要です。特に勃起に関わる男性ホルモン「テストステロン」は、寝ている間に睾丸から分泌されるため、睡眠不足になるとEDの発症リスクが高まるのです。

テストステロンは午後10時から午前2時の間に多く分泌されるので、この時間帯にしっかり睡眠をとることがED予防につながります。

「6時間」は寝ること

睡眠時間が少ないほど、EDを発症しやすいというデータも出ています。実際の研究によると、睡眠時間が4時間以上5時間未満の人は65%以上がEDの自覚あり、一方で6時間以上の人は40%前後がEDの自覚ありと、かなり大きな差が見られました。

つまり、EDを予防したいなら、最低でも1日6時間以上の睡眠時間を確保しなければならないのです。

規則正しい生活がEDを予防する

ここまでEDの予防方法について紹介してきましたが、一言でまとめると日ごろの「規則正しい生活」が大切と言えるのではないでしょうか。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠はどれも基本的なことですが、その基本を心がけるだけでもEDの予防になります。

EDは一度発症してしまうと、根本的な改善が難しいケースもあるため、できれば未然に防いでおきたいところです。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi