再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDと早漏の関係について

ここではEDと早漏の関係についてまとめました。

EDと早漏症は併発しやすい

EDとは、一般に「ペニスが勃起しない症状である」と思われていますが、専門家によるより広い定義の仕方によると、「性行為を満足に行うことができない状態は総じてEDである」とされています。つまり、単純に勃起することができない状態のみならず、最初は勃起していても性行為の途中で萎えてしまう、いわゆる「中折れ」の症状などでも、EDの症状にあてはまるのです。また、EDは心理的なストレスや加齢などによっても発症することがめずらしくありません。一般に思われているよりも、EDの症状に当てはまる人は、決して少なくないのです。

こうしたEDの症状ですが、ある調査によると、ED患者の実に3割以上が、同時に「早漏症」を併発しているとも言われているようです。早漏症に厳密な定義はないようですが、専門的には「PE(Premature Ejaculation)」とも呼ばれ、こちらもEDと並んで深刻な悩みをもたらしています。しかし、EDとPEはなぜ併発することが多いとされるのでしょうか。そもそもPEとは、どのような症状のことを指すのでしょうか。

早漏症(PE)とは

医学用語としても確立されている早漏症(PE)。日本では、100万人以上もの人がこの早漏症に苦しんでいるとも言われています。しかし、現時点で早漏症についての定義はさまざまな指摘がされている段階であり、いまだきちんと定まっているとは言えない状況にあるようです。いったいどのような症状がみられれば早漏であると診断されるのでしょうか。

挿入後1分以内がポイント

既に述べたように、早漏症(PE)には、明確な定義がありません。そのため、PEにあてはまる症状としては、次のような事例や表現で表される場合多いようです。

  • 「膣内に挿入する前に射精してしまう。」
  • 「女性の膣内に挿入後、1分以内に射精してしまう。」
  • 「パートナーが満足していないのに射精してしまう。」
  • 「射精をコントロールすることができない。」

上記に当てはまる症状がある場合、早漏と診断されることが多いのです。いずれにせよ、昨今は診断基準をシンプルにしている傾向があり、「挿入後1分以上射精を我慢することができない」状態であると、既に早漏症を発症している状態であるとされることが多いと言います。

本人やパートナーのストレスにも

アメリカの泌尿器科学の学会では、2008年に、早漏症についての一般的な定義となるようないくつかの症状が発表されました。それによると、「射精がつねに女性の膣内に挿入する前、あるいは挿入後1分以内に起こってしまう」「膣内に射精するために射精をコントロールすることができない、ないしはほとんどできない状態」「性行為に悩みや苦痛が伴うようになっており、フラストレーションの原因になってしまっている」。このような症状の場合、早漏症であるとされたのです。

上記の他にも早漏として判断される症状には諸説がありますが、おおむね「射精をコントロールできずに挿入前または挿入後1分以内に射精してしまう」かつ「本人やパートナーのストレスになってしまっている」状態であれば、十分に早漏症であると診断されるようです。

EDと早漏症(PE)の関係は?

ここまで早漏症の特徴をみてきましたが、それでは早漏症とEDは、いったいどのような関係にあるのでしょうか?

EDと早漏症が併発する理由

EDと早漏症は併発しやすい関係にあり、EDを発症している患者のうち、年齢を問わず、およそ3割が早漏でも悩んでいるという研究もあるほどです。その理由は、主に心因性のものだとされています。

EDの状態にある人は、勃起できるとしてもそれを維持していられるかどうか不安に感じたり、「早くしなければ射精できないかもしれない」という焦りを感じながら性行為をおこなうことになります。こうしたストレスから、早漏症を併発してしまう場合があるのです。

早漏症の改善方法は?

それでは、早漏症を改善するにはどのような手立てや治療法があるのでしょうか?

パートナーとの関係性を深める

EDと併発している早漏症を解消する手立てとしては、まず、早漏症を引き起こしている心理的なストレスの解消が挙げられます。パートナーとコミュニケーションを深めることができれば、性行為に関するストレスを減らしていくこともできるかもしれません。

また、パートナーと協力することで、早漏症を改善する「セマンズ法」というトレーニングもおこなうこともできます。パートナーに手でペニスに刺激を与えてもらい、射精しそうになったらそれを止め、それらを何度も繰り返すことを通して、射精をコントロールできるようにしていくのです。

早漏の治療薬を使う

あまり知られていないかもしれませんが、早漏症の改善を促す治療薬が開発されています。例えば「プリリジー(ダポキセチン)」が代表的な早漏の治療薬と言えますが、こうした早漏治療薬は、射精をコントロールする中枢神経のホルモンバランスの不均衡を改善するように働きかけることで、射精までの時間を普段の3、4倍まで延長させる効果があるとも言われています。こうしたそう早漏症の治療薬を使うことも有効な方法です。

ED治療薬との併用も有効

EDと早漏症が併発している場合は、早漏治療薬とED治療薬を併用して使用することで、両方を改善していく治療法も有効と言えるでしょう。ED治療薬そのものは、ペニスの勃起に必要な血流の改善を促すものですから、早漏症そのものに対する効果はないとされていますが、ED治療薬と早漏症の改善薬を併用して使うことは可能です。

併用する場合は、それぞれの薬の飲み合わせで効果の大きさが変わってくることがあります。早漏症の治療薬とあわせて服用することで効果的であるのは、ED治療薬のなかでもペニスの硬さに効果が出やすいレビトラとされています。

ただし服用のタイミングには注意すべき点もあります。例えば、それぞれ薬の効果が出るまでの時間が違いますから、早漏薬であるプリリジーを先に服用して、それから少し時間を空けてレビトラを服用するといいでしょう。一方、バイアグラとプリリジーを併用して使う場合であれば、効果が見え始める時間はそれほどかわりませんので、同じタイミングでも大丈夫です。いずれに場合でも、詳しくはクリニックの医師に使用方法の説明を受けてから使うことが欠かせません。治療薬によっても早漏の改善に満足できない場合があれば、医師に他の早漏治療薬を処方してもらえることもありますので、いずれにせよクリニックの専門家に相談してみるようにしましょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi