再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

ED治療薬による痛みについて

ここではED治療薬を服用することでペニスの痛みや頭痛などの症状が発症することについてまとめました。

ED治療薬の副作用としての痛み

「勃起しない」「中折れしてしまう」など、EDの様々な症状を改善することが期待できるED治療薬。バイアグラやレビトラなど、一般的によく使用されているED治療薬もあります。臨床試験等によってその効果や安全性が確かめられていますが、服用することで「顔のほてり」や「動悸」といった、副作用が現れる場合もあります。さらにこうしたED治療薬の副作用のなかには、痛みを伴うものもあるようです。

例えば、ED治療薬が効き過ぎることでペニスが想定以上に硬くなり、ペニスに痛みを感じる。また服用後、頭痛がして性行為に集中できない、といった痛みの副作用が報告されています。こうしたED治療薬の副作用としての痛みには、どのような種類があり、また、それらの原因はどのようなものなのでしょうか。対処法なども含めて、まとめています。

充血したペニスの痛み

ED治療薬を服用することで、EDの様々な症状を改善することが期待できます。しかしその一方で、ED治療薬が効きすぎてペニスが想定以上に硬くなり、先端が真っ赤に充血する、なりすぎの状態になるといった、いわば「効果が出過ぎて困ってしまう」状態になる可能性もゼロではありません。

こうした状態になると、さらに、ペニスに激痛を感じることもあるようで、そのあまりの痛さゆえに「自分でも性行為ができない」、パートナーの方でも、「硬くなりすぎたペニスのせいで快感を得ることができない」といった、ED治療薬を使用したにもかかわらず、本末転倒な結果に終わってしまう、といった声も聞かれます。こうした、充血によるペニスの痛みには、どのように対処すればよいのでしょうか?

ED治療薬によるペニスの痛みの対処法

ED治療薬の副作用としてペニスに痛みがある場合の対処法については以下のものが挙げられます。

医師に相談する

ED治療薬は、クリニックの医師による問診や血圧検査などを経て処方されますが、もし薬の効果が出過ぎているように感じたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

副作用としてペニスの痛みが発症したとしても、ED治療薬そのものが使用できないわけではありません。クリニックの医師に相談することで、服用したED治療薬がなぜ効き過ぎてしまうのか、その原因を明らかにすることもできるでしょう。それにより自分の身体に合ったED治療薬に処方を切り替えてもらうことも可能ですし、同じED治療薬でも有効成分の分量を変えてみるなど、対処法はあります。医師に相談することで、ED治療薬の効き目をコントロールして使用することができるでしょう。

服用しているED治療薬が体質に合っていないケースは、少なくないのが実情です。自分の体質に合ったED治療薬を見つけることは手間がかかるものですので、異常を感じた場合はもちろん、求めているほどの効果がない場合なども含めて相談するようにし、自分にとっての最高のED治療薬を見つけてくださいね。

ED治療薬の有効成分量を変える

ED治療薬の効き目をコントロールする手段として、薬の有効成分の含有量を減らしてみることも挙げられます。例えばバイアグラであれば、有効成分の量ごとに25~100ミリと3段階あり、同じ一錠でも効き目が少ないを選ぶことが可能。ペニスに痛みを感じるほどの効き目が出ているのであれば、一度変えてみて自分にあっている量を確認していくようにしてみましょう。

錠剤を割って服用する

服用しているED治療薬そのものに問題がない場合であれば、錠剤を割って服用する量を調整することで、効き目をコントロールすることができるかもしれません。錠剤のタイプによっては、初めから半分に割ることができるようになっているものもありますので、それほど苦労せずに割ることができます。割り目がついていない錠剤でも、カッターなどで割ることができるでしょう。しかし、錠剤を割って使用する場合には注意すべき点もいくつかあります。

効果の時間が変わらない

ED治療薬を自ら割って服用することで、その効き目をコントロールすることができます。しかし、薬の効果が持続する時間をコントロールすることはできません。錠剤を半分に割ることでペニスの勃起具合を調整することはできるかもしれませんが、効果の時間も半分になるわけではない、ということです。

一般的なED治療薬の場合、バイアグラであれば効果の持続時間は約5時間、またレビトラの場合であれば約6時間、シアリスであれば約24時間、錠剤を割って服用しても効果が持続します。

錠剤を割るとリスクも

また錠剤を割って使用することには、リスクもあります。例えば、錠剤が傷つけられたり、汚れたりすることで治療薬の成分が劣化してしまう場合があります。また服用するタイミングにも注意が必要で、例えば、錠剤を割ったから同じ一錠分だと思い、立て続けに服用すると、血圧が下がってしまい、たちくらみ等の症状が出てしまう危険性もあります。ED治療薬の服用では、種類によって服用の間にあけなければならない時間が決まっていますので、注意しましょう。

最も良いと言えるのは、錠剤を割って使用するのではなく、ED治療のクリニックで医師に相談をすることで、最初から自分の体質に合っているED治療薬を処方してもらうことです。 クリニックでは、勃起具合を確認できる「EHS」のスコアを確認しながら、身体に合った種類のED治療薬、また適切な有効成分の含有量の錠剤を選ぶこともできます。恥ずかしがらずに相談してみましょう。

ED治療薬による頭痛

ED治療薬を使用することによって頭痛が起きることもあります。その原因や対処法はどのようなものがあるのでしょうか?

ED薬による頭痛の原因

ED治療薬を服用することで頭痛が起きることもあります。原因は、ペニスの勃起を促すために血管を拡張させる薬の効果が、ペニス以外の部位にも効いてしまい、脳の血管が拡張してしまうため。その結果、その周囲の神経が刺激され、頭痛が生じてしまうのです。

一概には言えませんが、バイアグラやシアリスであれば約11%、レビトラであれば約6%の場合で、頭痛の副作用が発症するという臨床データもあるようです。

鎮痛剤を使用する

ED治療薬を服用して頭痛が起こった場合は、ロキソニンなどの鎮痛剤を使用することも有効です。ロキソニンとED治療薬を同じタイミングで服用すれば、痛みを和らげることができるでしょう。

ただし、ED治療薬とロキソニンを併用する場合には注意点もあります。ED治療薬は、空腹であれば効果が出やすい一方、ロキソニンは空腹時に服用すると胃粘膜を傷つける可能性があるため、避けた方がよいとされています。とりわけ胃が弱い方は注意するようにしましょう。

ペニスは硬過ぎないほうがよい

最後に、ペニスの勃起について触れておきましょう。ED治療薬が効き過ぎて、ペニスに痛みが走るほど勃起してしまうことは問題ですが、ペニスは硬ければ硬いほどよいわけではありません。勃起スコアでは、よく「ペニスはりんご程度の硬さが一番良い」と言われますが、パートナーの方でも快感を感じる硬さは異なります。

もちろん柔らかすぎることで中折れしてしまったり、射精できないことは問題ですが、ひとりよがりに自らのペニスの硬さを気にするのではなく、パートナーの好みも聞き、相手に合わせた性行為を心がけることで、自分とパートナーにとって最もベストなED治療薬を見つけていきましょう。

【参照】
バイアグラ ED治療薬で頭痛がする場合の対処法
https://www.hama1-cl.jp/ed/headache_medication.html

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi