再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

塗り薬によるED治療

ここでは、塗り薬によるED治療についてまとめました。

塗り薬によるED治療とは

服薬治療以外のED治療のひとつとして、最近注目を集めているのが、「塗り薬」によるED治療です。塗るだけで効果が期待できるため、外科的な手術や通院を必要としないぶん、非常に手軽に使用することができます、また、服薬よりも素早く効果があらわれるとされるED塗り薬も登場しているようです。

ED塗り薬は、「飲み薬をどうやって手に入れればいいのか分からない」という初心者の方や、「いきなりバイアグラを飲むのは恥ずかしい」と服薬に抵抗を感じる人でも使用しやすいですし、「持病で服薬できない」「副作用で使用することをやめたので別の治療法を探している」といった方にも、新たな選択肢となっていくと思われます。

eroxon(エロクソン)

ED塗り薬で最近注目されている「eroxon」(エロクソン)は、イギリスの製薬メーカー「フューチュラメディカル社」が開発した、ED塗り薬です。2019年6月に最終治験が終了。これにともない現地イギリスのメディアはもちろん、日本でもエロクソンを紹介する報道が相次いでいます。

メカニズム

エロクソンとは、一言で言うと、ペニスに塗るクリームです。血管を拡張させる作用から狭心症などの治療薬にも使用されている、「ニトログリセリン」が有効成分として含まれており、これがペニスの皮膚から吸収されることで、勃起に欠かすことができないペニスの血流機能を改善し、勃起を促します。

専門家からも「ニトログリセリンは心臓の血管を広げる成分なので、理論上効果は見込める」と言われているようです。

eroxon(エロクソン)のメリット

ED塗り薬エロクソンのメリットは、以下のものがあるとされています。

まず1つ目は服薬よりも効果が早いということ。

バイアグラやレビトラなどの飲み薬は、服薬してからその効果が現われるまで、15分から1時間程度必要です。一方、ED塗り薬エロクソンは、使用してから5分で効果が得られるとされており、性行為の直前にペニスに塗ればいいだけとされています。

2つめがED治療薬と比べて副作用の少なさが挙げられます。

エロクソンはペニスにのみ塗布するため、従来のED治療薬と比べて副作用が少ない、とも言われています。とりわけ、重い狭心症などの心疾患ある人は、ED治療薬を使用することができませんでしたが、塗り薬はペニスにのみ作用するため、心臓に負担をかけにくいとされています。

eroxon(エロクソン)のデメリット

エロクソンにはデメリットもいくつかあります。まず、1効果の持続時間は30分程度と他の薬と比べて短いです。また、1日本での発売時期や価格はまだ公表されていないため、日本での使用が承認されるかどうか、まだ不明です。

ED塗り薬は、あくまでもこれからの治療法のひとつです。EDで悩んでいる方は、専門家やクリニックの医師に相談することが大切です。

そのほかの塗り薬

eroxon(エロクソン)以外のED塗り薬として、「グローミン」も挙げられます。

グローミンは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」を有効成分として含んでおり、「男性ホルモンの低下によるED」に効果が期待されています。使用方法は、1日に2回、ペニスに塗り込むだけです。

医師による診察がなくても薬局で購入でき、価格は税別で3780円程度となっています。

パートナーに対する影響

ED塗り薬の使用については、パートナーへの影響が心配になる人もいるでしょう。皮膚に直接塗り込むため、性行為の際に接触することになるパートナーにもまた、副作用など薬の影響はないのでしょうか?

この疑問に対して、エロクソンの開発元である「フューチュラメディカル社」がホームページで公表した資料によれば、エロクソンはペニスに塗ってから5分後にはほぼすべてペニスの内部に浸透しており、1003例の事例においてパートナーの側に副作用(軽度)があったという報告は、わずか4例のみだった、と報告されています。

まだまだこれからの治療法

現在、最も一般的なED治療法は、バイアグラやシアリスなどを使った服薬治療です。特にバイアグラは、1998年にアメリカで発売されて以来、最もポピュラーなED治療薬となり、日本を含め世界中で使用されています。

バイアグラが登場する前はED治療における有効な内服薬は存在しておらず、飲むだけという気軽さにもかかわらず、7~8割のED患者に有効とされ、「ED治療の革命」と言われてきました。

しかし、ED治療薬にも副作用などの限界はあります。例えば、がん治療で前立腺を全摘した人や、勃起神経の不全を抱える人にとって、バイアグラは有効なED治療とはなりません。

顔のほてりや頭痛、動機といった副作用があらわれることもあり、現在では治療薬に変わる様々なED治療も登場しています。そのなかには研究段階の治療法もあるため、治療法の選択には、専門家の説明をきちんと受け、リスクやデメリットを十分認識する必要があります。

そうした状況を改善するべく塗り薬をはじめ様々なED治療方法が生まれてきています。塗り薬タイプの治療もそうしたものの1つとして期待されていますが、まだ承認を受けていなかったり、国外からの輸入するなど、まだまだ安全が保障されているとは言い切れません。。使用する際には十分に確認をおこなうようにしておきましょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi