再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDの原因としての自慰行為

ここではEDの原因になってしまう自慰行為についてまとめました。

間違った自慰行為はEDの原因に

自慰行為はひとりでも性的な快感を得ることができるものですが、やり方を間違えるとEDの原因になってしまうこともあるようです。とりわけ、快感を得るために行き過ぎたやり方で自慰行為をすると、EDのリスクが高まります。行き過ぎたやり方とは、例えば、ペニスに強い刺激を与えすぎる自慰行為などがこれにあたり、射精するために強い刺激を加えることが当たり前のようになってしまうと、女性とのセックスでは刺激が足りないように感じられてしまい、射精できなくなってしまうのです。

刺激が強すぎる自慰行為は危険

EDの原因として自慰行為が思い当たる方は、ペニスを握る手の強さやペニスの握り方が力強過ぎないかどうか、自分の自慰行為を見直すことが重要です。本来、女性とのセックスにおける締め付けは、自分の手で握る圧力ほど強くはありません。また高速で上下に擦ることでペニスに刺激を与えている自慰行為も、女性とのセックスで射精ができなくなってしまう原因のひとつになってしまいかねません。

他の自慰行為としては、手を使用するのではなく、壁や床、また堅固な性的器具など、硬すぎるものにペニスを擦り付けることで強い刺激をかける自慰行為も、EDの原因になってしまう可能性があります。強い刺激がかかりすぎると、場合によっては、ペニスが勃起するために必要な海綿体の組織を傷つけてしまうこともありますから、とりわけ危険であるということを認識しておきましょう。

特殊なやり方もEDの原因に

人によっては、自覚していないまま特殊な自慰行為を続けて、EDを引き起こしてしまうケースもあります。例えば、射精の直前であえて刺激をストップして、また快感を得るために自慰行為を繰り返す、といったやり方も、長年続けてしまうとEDのリスクが高まってしまいかねません。

また、自慰行為の際に、あまりにも非現実的なシチュエーションが描かれた画像等を使用していると、現実の性行為では興奮できない、といった困った状態にもなりかねません。現代のインターネットにはこうした妄想過剰なバーチャルコンテンツが溢れていますから、こうしたリスクはかつてよりも高まっており、行き過ぎた自慰行為が日常的になってしまうと、のちに述べる「膣内射精障害」にも発展しかねません。こういった心理的な要因でのEDは増加傾向にあるとされていますから、自慰行為の際は節度を持つようにしましょう。

短時間や「半立ち」状態も

自慰行為をあえて完全にペニスが勃起していない状態で行うのも、性行為中の中折れの原因になってしまうリスクがあります。この方法を繰り返すことで、射精した際に性液がドロドロしている、といった状態になることがありますが、これはペニスの海綿体がダメージを受けている可能性があるので、早期に医師に相談するようにしましょう。

また、自慰行為を5~10分ほどの短時間で終わらせる方法も、性行為中の中折れや勃起の持続力を衰えさせることになります。性行為が短い時間で終わってしまうようになると、パートナーも満足してくれないことでしょう。自慰行為は、20~30分以上かけて、ゆっくりと行いましょう。

膣内射精障害について

不適切な自慰行為が習慣になってしまうと、女性との性行為においていわゆる「膣内射精障害」が起こってしまうこともあります。「膣内射精障害」とは、その名の通り、女性の膣内で射精することができなくなってしまう状態のことです。

自分の手では射精が可能だが、女性との性行為では射精できないという「膣内射精障害」ですが、この症状になっている、また近い状態の男性が近年増えていると言われています。

とりわけ、床にペニスを擦り付ける自慰行為のやり方は、「膣内射精障害」になりやすい代表例とされています。体重をかけてペニスを強く押しつけることで刺激を得ることに慣れてしまわないようにしましょう。

「膣内射精障害」で問題になるのは、行為において不能になってしまうという男性としてのプライドもそうですが、パートナーが「自分との性行為に刺激が足りない」と思うことで、パートナーとの関係性にも影響してくることです。そうした事態にならないためにも、女性の身体の刺激と近いような刺激の自慰行為に、自制するようにしましょう。

正常な自慰行為とは

EDの原因にならないよう、適切な自慰行為を心がけることが必要です。理想的でリスクのない自慰行為で大切なのは、実際の女性の膣による圧力に近い強さでペニスを握り、リラックスして、ゆっくりと刺激を与えていくことです。床や器具、また非現実的な画像等は使わず、手を使った弱い刺激で、外部の性的な情報によらず、頭の中で想像しながら自慰をする方法が安全です。

刺激の加減はEDの引き金になりかねないものなので、刺激を与え過ぎていないか、自制心を持って、自分で注意するようにしましょう。また、自慰行為の回数が多すぎることもよくありません。頻度としては1日に1回程度にしておくのが良いとされいます。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi