再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

不妊とEDの関係について

ここではEDと不妊についてまとめました。

不妊とは?

不妊とは、一言で言うと、妊娠しないことです。子どもをもうけようと望んでいる夫婦にとっては、とてもつらい状態だと言えるでしょう。「世界保健機構(WHO)」をはじめ、諸外国が認めている定義によると、不妊とは、妊娠することを望んでいる夫婦が、何らの避妊処置をせずに性行為を続けているにも関わらず、1年以上経っても妊娠しないこととされています。

不妊の悩みはめずらしくない

不妊の症状は、決してめずらしいものではありません。不妊で悩んでいる夫婦は、夫婦全体の約15%の割合で存在すると言われています。また、性別・年齢ごとに比べてみると、不妊症で悩んでいる女性は、20代前半の時期では約5%以下と比較的少ない数字に留まっていますが、30代後半の女性になると約22%、40歳の前半になれば約29%にものぼるとされ、子どもを望んでいる30~40代の夫婦にとって、不妊がいかにめずらしくない悩みであるかわかります。

また、ある調査結果によれば、35~39歳のいわゆる「高齢出産」とされる年齢層においては、5人に1人の割合で不妊の状態が見受けられるとされ、40~44歳の年齢層になると、この割合は3.5人に1人にのぼるとも言われています。女性では、年齢を重ねることで自然と妊娠する力が低下していきます。一方で、不妊の原因が男性にあると考えられる割合は、年齢に関わらず約33%である、という報告もあります。いずれにせよ、不妊で悩んでいる夫婦は、決して少なくないのです。

【参照】
日本生殖医学会 Q18.女性の加齢は不妊症にどんな影響を与えるのですか?
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa18.html

【参照】
日本生殖医学会 Q3. 不妊症の人はどのくらいいるのですか?
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa03.html

昨今の結婚事情ではさらに…

また、不妊で悩む夫婦が決して少なくないのは、昨今の社会動態をみても致し方ないものであるとも言えそうです。というのも、日本人の初婚年齢は、時代が進むにつれて晩婚化する傾向にあるからです。2017年の厚生労働省の調査(『人口動態調査』)によると、男性の初婚時の平均年齢は約31歳、女性になれば約29歳と、かつてよりも高齢になっています。この年齢で婚姻後に子づくりを始めるとなれば既にその時点で「高齢出産」とされる年齢になっているのです。

晩婚化による出産への影響をさらに見てみましょう。同じ厚生労働省の調査では、2000年の時点では、夫婦が34歳までに出産をしている割合は約87%でしたが、さらに晩婚化が進んで2017年では、これが約70%にまで低下しています。時代の流れとともに出産時の年齢が高くなっていることがわかりますね。このように、社会全体の晩婚化が夫婦における不妊のリスクを高めていると言うこともできるのです。

妊娠するために大切なことは?

それでは、そもそも自然に妊娠するためには、どのようなことが大事になってくるのでしょうか?

妊娠はそもそも困難なもの?

夫婦が不妊に悩んでいる場合、そこには様々な原因があると考えられます。一般に不妊と言っても、性行為を適切なかたちで実施することで解消される場合もあるからです。

妊娠するために最も重要なポイントは、「女性の排卵日にあわせて性行為をおこない、膣内で射精をすること」です。これは誰もが知っていることとも言えますが、約1ヶ月のあいだに1回しかやってこない排卵日を確実に把握したうえで、さらに首尾よく性行為をおこない、女性の膣内に射精して精子を送り込むことは、意外と難しいことなのです。例えば、生理を基準に計算して割り出した排卵日が、実際とは誤ったタイミングだった場合、寿命が1日しかないとされる卵子と3日しかないとされる精子が首尾よく出あうことは困難と言えるでしょう。

さらに詳しくみてみると、妊娠するために身体的な問題がまったくない男性・女性同士が、適切なタイミングで性行為をおこなったとしても、その1回の性行為で妊娠する確率は実に20~30%程度であるとされています。妊娠するためには「女性の排卵日にあわせて性行為をおこない、膣内で射精をすること」が大事であると知っていたとしても、自然と妊娠することがいかに簡単ではないことか、わかるのではないでしょうか。

性行為の回数を増やすことで改善も

妊娠するための活動を最近では「妊活」と呼びますが、上記の理由からも、妊活においては性行為の回数を増やすことが有効であるとされています。性行為の回数を増やすことで妊娠の確率を高めることができるのは、精子が常に女性の体内にいることで、排卵日のタイミングにあわせることなく精子と卵子が出あうことができるようになるからです。

例えば、1週間で3回程度、頻度にすると2日に1回程度の割合で性行為をしている夫婦においては、精子の寿命が3日間しかないとしても、生きている精子がつねに女性の卵管内にいる状態を保てます。このため、排卵された卵子はそのまま精子と結びつくことができるようになるのです。そのため、1週間で3回程度の頻度で性行為をしている夫婦が妊娠する確率は、1年間で約80%以上にも上昇すると考えられており、性行為の回数を増やすことが不妊状態の解消にいかに役立つことであるか理解することができます。

EDと不妊

子どもをもうけることを望んでいる夫婦にとって不妊の状態は決してめずらしいものではなく、とても深刻な悩みとして捉えられます。しかし、こうした不妊による悩みは、さらにEDのリスクとも密接に関わっていくことが指摘されています。下記で詳しくみてみましょう。

不妊とEDの関係

一般にEDとは、「ペニスが勃起しないこと」であると思われていますが、専門家による定義では、「満足に性行為をおこなうことができない状態はすべてEDである」とされています。「常に勃起できないわけではないが、場合によって勃起できないときがある」「勃起するまでに、とても時間がかかってしまう」「勃起をしても持続してくれない…」など、こうした状態もすべてEDの症状であるとされているのです。そして、このような症状のいずれも、不妊に悩んでいる夫婦にとっては、輪をかけて悩みを深くしてしまうものでしょう。

妊活によるED発症も

夫婦で不妊の悩みを抱える男性にとっては、「子づくりをしなければならない」というプレッシャーそのものによって、かえってEDになってしまうケースが少なくありません。とりわけ、30~40代の不妊治療に励む夫婦にとっては、EDは深刻な悩みになっています。

「排卵日に性行為をすることが妊娠するために最も大事である」と言われていますが、深い不妊の悩みを抱えている男性になると、ストレスを感じてしまう場合もあります。妻の排卵日になると、「今日は首尾よくできて、妊娠することができるだろうか」「絶対に失敗できない」などと考えるわけですから、そのプレッシャーは計り知れないものへと変わります。当然、その日の夫婦の雰囲気がギクシャクしてしまったり、普段とは違う空気がさらにストレスを与えてしまう恐れもあります。こうしたストレスから、「性行為時にのぞんでも勃起できない」「十分な硬さにならない」「射精できない…」といったEDの症状を発症しかねないのです。

こうしたストレスによって起こるEDは、心因性によるEDと診断されています。子づくりのために排卵日にあわせておこなう性行為は、一般に「タイミング法」とも呼ばれていますが、これに伴って「タイミングED」という呼び方もあるほど。なかなか妊娠しないことで夫婦間のストレスや不安もますます大きくなるものですが、これでは、EDの症状も悪化するばかり。性行為を増やしても妊娠しないことで、子づくりそのものによって発症する「子づくりED」にもつながりかねません。

ED治療による妊活

こうした「タイミングED」「子づくりED」の症状に悩んでいる場合、ひたすら夫婦で悩むのではなく、まずは専門の医師に相談して、適切なED治療にあたることがとても大切と言えるでしょう。ED治療を通して、性行為はもちろん、子づくりに対する不安を解消していく必要があります。

ED治療薬は有効な手段

治療方法として代表的なものは、ED治療薬の使用です。ED治療薬を飲むことでペニスの勃起を促し、性行為をおこなえるようになっていくので、夫婦の悩みを解消していく手段の1つと言えます。

専門のクリニックで処方してもらえる、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬は、その安全性が既に確立されていますし、副作用も限定的です。また、ED治療薬はペニスの勃起を促すために血流の改善をうながす薬なので、精子に異常等の影響が出るリスクはほとんどありません

チャンスを逃さないためにもED治療を

「性行為の回数を増やすこと」がとても重要であることはすでに述べました。タイミングを逃さないためにも、また性行為の回数を増やすためにも、望んだタイミングでよく勃起できるようにしておくための準備は欠かせません。専門のクリニックに相談してED治療薬を処方してもらうことで、深刻な悩みに押し潰されることなく、子づくりに励むことができるようになるでしょう。このサイトではED治療薬を取り扱っているクリニックを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi