再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

高血圧とEDの関係とは?

ここでは、高血圧とEDの密接な関係についてまとめました。

高血圧をEDの原因と捉える医師も

健康診断や病院での診察はもちろん、ジムや公共施設の待合室、また自宅の血圧計でも気軽に測定することができる「血圧」。高血圧とされる数字が出たとしても、深刻に捉える人はあまり多くはないのかもしれません。

しかし、ED治療のクリニックの医師のなかにはよくみられるEDの原因のひとつとして高血圧を捉えている専門家もいます。数ある症状のように「高血圧とEDは密接に関係している」と考えらてきており、EDの診療時には必ず血圧測定をおこなうクリニックの医師もいるほど。それほどEDと高血圧の関係は見過ごすことはできません。

そもそも「高血圧」とは?

そもそも「高血圧」とは、どのような状態を指すのでしょうか?また日常生活では、どのような対処ができるのでしょうか?

「高血圧」のリスク

心臓は、全身の筋肉や脳に血液を送り出すために、血液に圧力をかけています。これを「血圧」と言います。全身に血液を巡らせなければならないため血圧にはある程度の圧力が必要ですが、遺伝的な原因や生活習慣の影響等によって、この血圧の数値が高くなりすぎてしまうことがあります。これが「高血圧」と呼ばれる状態です。数値の定義としては、最大血圧で140mmHg以上、最小血圧で90mmHg以上の場合、高血圧の状態であるとされています。

高血圧は、長期にわたって放っておくと様々な深刻な病気を引き起こす原因になりかねません。高血圧は血管を傷つける重大な原因になってしまうためです。また、高血圧のために血管の内部が分厚くなることで柔らかさを失ってしまうと「動脈硬化」よ呼ばれる症状になり、ますます血圧が上がってしまう症状もあります。

こうした状態が続いてしまうと、心臓の病気である「狭心症」「心筋梗塞」、また脳の血管が詰まってしまう「脳梗塞」、脳の血管が破れる「脳出血」など、命に関わる大きな病気にも発展しかねません。

高血圧の予防法は?

高血圧の原因には遺伝的なものもありますが、日常生活での行動を気をつけることで改善することもできます。例として「塩分を摂りすぎない」「肥満にならないように運動をする」「お酒の飲み過ぎには注意する」「タバコを控える」「ストレスをためこまない」などが挙げられるでしょう。また、こういった生活習慣の改善によっても血圧が下がらない場合でも、治療薬を飲むことで高血圧の改善を図ることも可能です。一番重要なのは「高血圧」を放置しないこと。血圧計などで自分が高血圧の状態だとわかった時は、まず医師に相談してみるようにしましょう。

高血圧はなぜEDの原因になるの?

EDには様々な原因があるため、そのすべてを一概に説明することはできませんが、ED治療の専門家のなかには、高血圧による血管の動脈硬化がEDの原因となっている場合が多いと指摘する医師もいます。専門家によると、年齢が若い場合ではストレスなどの心因性によるEDも多く見受けられますが、年齢が40代以降になってくると心因性以外の原因によるEDが増えてくるようです。そのなかに、高血圧が引き起こしているEDも見ることができます。

高血圧によって血管の内部が分厚くなることで柔らかさを失ってしまう「動脈硬化」は、身体のなかの血液の循環を悪化させます。つまり、血流の状態が正常ではなくなってしまうのです。ペニスが勃起するためには血液の流れがとても重要ですから、「動脈硬化」による血液循環の悪化は、EDを引き起こす原因になってしまうのです。

高血圧ではED治療薬が使用できない

また、高血圧とEDの関係において見過ごせない点として、170mmHg/100mmHgといった数値を超える高血圧の場合、バイアグラなどのED治療薬を服用することはできない、という注意点があります。高血圧にもかかわらずED治療薬を使用してしまうと、体内の血圧の急激な低下を引き起こし、身体に過度な負荷がかかってしまうかもしれないのです。

ED治療において医師が血圧を計測するのは、このようなリスクがあるためです。ED治療薬を使用する場合は、自身でも日常的に血圧を測定し、自らの血圧の状態を把握しておくことが、安全な治療薬の使用のために大切なことなのです。「脳梗塞」や「心筋梗塞」の予防のためにも、日常的に血圧を測定するようにしておきたいですね。

高血圧でもED治療薬を使用できる?

高血圧の状態でED治療薬を服用しても大丈夫なのでしょうか?また高血圧の場合、ED治療薬を使用する際にどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

高血圧でのED治療薬はNG

高血圧の状態でED治療薬を服用することは、身体にダメージを及ぼす可能性があります。しかし、高血圧であっても、「降圧剤」といった薬等を使うことで血圧を下げれば、ED治療薬を服用することができる場合もあります。いずれにせよ、ED治療薬は自身の血圧をしっかりと把握、コントロールしたうえで使用すべきですから、まずは医師に相談することが大切です。

また、高血圧の長期的な治療を受けている場合でも、降圧剤等を使用することでED治療薬を服用できる場合があります。ただし降圧剤には、種類によっては副作用としてEDの症状が起きてしまうものもあります。そのため、降圧剤に頼るのではなく、上記で述べたような、高血圧の予防につながる日常生活での注意を心がけるようにしましょう。

高血圧の予防がED治療につながる

いずれにせよ、血圧の数値を正常化することは、ED治療にも良い影響を与えることになってきます。降圧剤の副作用によるEDではなく高血圧によるEDにもかかわらず、降圧剤の副作用を疑い治療薬の使用をやめてしまう患者もいるようです。ED治療薬の効果をきちんと発揮できるためにも、血圧等を含めて体の健康を万全にしておくように心がけましょう。

高血圧以外の症状も医師に相談を

高血圧とEDの原因について見てきましたが、ED治療においては、高血圧以外の基本的な疾患があったり、既に服用している薬がある場合、クリニックの医師にかならず申告するようにしましょう。ED治療薬は、身体の健康状態によっては使用することができない場合もあるからです。

採血をして身体の健康状態を調べたことがあったり、健康診断の診断書などがあれば、より安全かつスムーズにED治療を受診することができますので、診断に持参できればベストですね。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi