再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDと飲酒の関係

ここでは、EDと飲酒の関係についてまとめています。

過度な飲酒はEDのリスクになる

お酒には緊張をリラックスさせる効果がありますから、性行為をおこなう前にバーやレストランでお酒を飲むことは、心地よい雰囲気づくりにとても役立ちます。しかし、過度な飲酒をしてしまうと、ペニスの勃起に対して一時的な機能不全を及ぼすことはもちろん、EDのリスクになることも。こうした過度な飲酒によるEDの悪影響は、医学的にも指摘されています。

そこで下記では、お酒の飲み過ぎが及ぼすEDのリスクについて解説します。EDや早漏などに悩みを抱いている方は、「過度な飲酒」をキーワードに症状をチェックしてみてください。

一時的に勃起不全になる

過度な飲酒は男性機能の低下をもたらします。お酒を飲み過ぎた後の「一時的な勃起不全」は、男性であれば覚えがあるものではないでしょうか。このような日常的な経験と同じように、アメリカのある大学による研究結果によると、お酒を飲み過ぎた男性は、お酒を飲んでいない男性よりも勃起力が低下している、ということが報告されています。性的に興奮しているにもかかわらず、ペニスが勃ちにくい、勃たない、といった状態になるのです。

このような勃起力の低下は、勃起のメカニズムに必要な中枢神経の働きをアルコールが阻害してしまう ために起こります。つまり、性的な刺激を受けた脳が、勃起する信号をペニスに首尾よく送れなくなっているのです。こうなると、仮に勃起できたとしても、性行為中の中折れなどが起こることも想像できるでしょう。

EDの発症

長期にわたって過剰な飲酒を続けることは、一時的な勃起不全だけでなく、継続的なEDを発症してしまうリスクにもつながります。実際に、「アルコール依存症の状態に陥っている男性患者のうち、70%以上が同時にEDを発症している」という調査結果もあり、日常的に過度のアルコールを摂取することはEDに密接に関わっていることが伺えます。

また、別の調査によると、EDに悩む男性が増加している原因として「飲酒」は、「加齢」や「ストレス」に続き、3位にランクインしているなど、EDの大きな原因のひとつとして考えられているのです。

その他のリスク

また、過剰な飲酒にはEDの他にも様々なリスクがあります。パートナーとの関係性に対する悪影響や免疫力の低下などです。関係性の悪化については、アルコールが中枢神経を麻痺させることで適切な判断力を奪うことから起こりますし、免疫力が低下してしまうと、避妊具を使わないことで性病に感染してしまうというリスクも想定されます。また、過剰なアルコールは睡眠の質を阻害しますから、そういったところでも、性的な機能の低下を及ぼすことでしょう。

過度な飲酒とED治療薬の関係は?

過度な飲酒は、バイアグラなどのED治療薬にも悪影響を及ぼすのでしょうか?

適量であれば医学的には影響なし

医学的にみてみると、飲酒後にバイアグラを服用しても何らかのネガティブな影響が出ることはない、とされています。実際、ED治療薬であるバイアグラの注意書にも、アルコール摂取と併用することによる注意は書かれていません。これは、バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」に、アルコールとの作用関係がないためです。

ただし、ジェネリック医薬品のバイアグラや違法に製造されたバイアグラである場合は、飲酒後に摂取するで予想外の症状が出てしまう可能性はありますので、バイアグラなどのED治療薬は必ず医師の診察の上で処方を受けるようにしましょう。

アルコールとバイアグラの良好な関係とは?

一方、「適切な量であれば、アルコールとバイアグラには相乗効果がある」とも言われています。少量のアルコールであれば、リラックス効果によって精神に落ち着きが生まれ、バイアグラによる効果も出やすくなるのです。精神的なストレスによる心因性のEDも症状のなかにはありますから、少量のアルコールはそうした面でも良い効果を及ぼしてくれます。

ところで、バイアグラの効果を損なわない程度のアルコールの摂取ですが、バイアグラを使用する場合は、通常飲んでいるお酒の量よりも少ない方が望ましいです。バイアグラには血管拡張に作用する効果があるため、アルコールが体内をまわりやすくなる作用もあります。バイアグラの服用後は、少量の飲酒でも酔いやすくなってしまいますので、普段よりも飲酒の量を控えるなど注意が必要です。

過度な飲酒には悪影響が

ただし上記は、あくまでも望ましい摂取量で飲酒した場合のこと。過度な飲酒に及んだ場合、バイアグラを摂取することによって悪影響が発生する可能性があります。

まず考えられるのが、脳の神経に対する影響です。アルコールは過剰に摂取することで脳の神経伝達機能を阻害してしまいます。普段飲む飲酒量を大幅に超えたり、短時間で何度も飲酒を重ねることによって、脳の神経伝達の機能は低下します。また、過度なアルコールは脳に対する性的興奮の抑制してしまう影響もありますから、バイアグラなどのED治療薬を服用しても、性的な興奮がないために効果が出ない、ということも起こります。

次に、低血圧の場合です。過度なアルコールの摂取とバイアグラ等のED治療薬を併用すると、ふらつきやたちくらみなどの症状が出てしまうことがあります。低血圧の方は、気をつけるようにしましょう。

過度な飲酒による男性ホルモンへの影響

それでは、過度な飲酒は男性ホルモンへの悪影響も及ぼすのでしょうか?

過度な飲酒はやはり禁物

精力や健康増進に関わってくる「テストステロン」などの男性ホルモンは、適切な量のアルコール摂取であれば、むしろ分泌される量も多くなり、好ましい影響があるとされています。ただし、過度な飲酒を日常的に繰り返していると、「テストステロン」などの男性ホルモンを減少させることにつながってしまいます。

これは、お酒に含まれている「エタノール」という成分の影響です。エタノールが男性の身体をめぐり精巣に達することがありますが、これが長期間にわたって慢性的におこなわれると、精巣にある「テストステロン」を生成するための細胞にダメージが蓄積されてしまいます。これにより、「テストステロン」の生成に障害が発生してしまうのです。

ビールの飲み過ぎも危険

またアルコールのなかでも、とりわけビールの大量摂取は男性ホルモンに悪影響を及ぼすことが多いです。これは、ビールの原料となる「ホップ」に、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を阻害してしまう成分が含まれているためです。適量であればもちろん問題はありませんが、大量にビールを飲み続けることで、「テストステロン」の分泌に障害が発生してしまうこともあります。ビールは大量に飲むのではなく適量に嗜みながら、場合によって日本酒やワインなども交えるようにしましょう。

適度なアルコールの摂取量は?

とはいえ、適度なアルコール量であれば男性ホルモンを減退させることはありません。むしろ、ほどよい飲酒はリラックス効果を生み、男性ホルモンの分泌にとってもプラスになります。

「適度なアルコールの摂取量」についてですが、一般的にアルコールのみの分量にして約20g(日本酒1合程度)が目安であるとされています。飲酒をする際はこの目安を守って楽しむことで、男性ホルモンにも好影響を与えられるとされています。

適度のアルコールはEDにも好影響

過度な飲酒は性機能や男性ホルモンへの低下を及ぼし、EDを発症するリスクもあります。慢性的な大量飲酒は避けるようにしなければなりません。

ただし、適度なアルコールの摂取には、EDのリスクを減らす効果もあります。飲酒による精神的なリラックス効果もそうですが、お酒にはさらに、EDの原因となる「酸化ストレス」を減少させる効果もあるのです。「酸化ストレス」には体内の血管を損傷させるリスクがあり、ペニスの勃起に健全な血流の働きが欠かせないことを考えれば、EDの不安材料であることは明らかです。しかし、アルコールの摂取によって活性化する酵素「アルコールデヒドロゲナーゼ」は、この「酸化ストレス」を減らしてくれるのです。

このように、少量のアルコールはむしろEDのリスクを減らすことにもつながりますから、決して過度な摂取にならないよう、上手にお酒と付き合うようにしてくださいね。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi