再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDとダイエットの関係

ここではEDとダイエットの関係についてまとめました。

ダイエットにはED改善の効果がある?

アメリカなど諸外国に比べて痩せていると思われている日本人男性ですが、なんと日本における男性の肥満率は約3割と高まっています。そのため、ランニングをはじめとしたダイエットを行っている方もいることでしょう。

そんな肥満やダイエットですが、実は勃起障害であるEDと密接な関係にあることをご存知でしょうか?肥満は健康に悪いことはもちろん、男性の勃起力を奪ってしまうことさえあるのです。一方で、ダイエットには肥満を改善でき、さらにEDの改善まで期待することができる効果も。

そこで今回は、そんな肥満やダイエットとEDの関係について、解説していきます。

そもそも肥満とは?

上で述べたように、日本人男性の3割が肥満状態という報告がありますが、そもそも肥満とはどのような状態なのでしょうか。まずは、肥満について詳しくみてみましょう。

とりわけ社会人になると、若い頃と違って肥満は多くの人の悩みのタネになるもの。一般には、肥満=体重が重いというイメージがあるものですが、日本肥満学会によれば、肥満は「BMI(体格指数)」という数値によって判定されています。「BMI(体格指数)」の数値は、体重÷身長÷身長(体重はkg、身長はm)の計算式によって求めることができ、出た数値が"25"以上である場合は、肥満であるとされます。

例えば、体重が65kg、身長が160cmの場合、BMIは65÷1.6÷1.6の計算式で求められるので、おおよそ25。肥満であるということが言えます。

ちなみに、BMIの数値が35を超えてくると、かなりの肥満状態で、危険な状態とされています。

肥満がもたらすリスク

肥満状態になってしまうと、言うまでもなく、さまざまな健康上のリスクがあります。そして、そうした健康上のリスクは、同時に勃起障害すなわりEDのリスクを高めてしまうことがわかっています。

では、その理由を詳しくみてみましょう。

動脈硬化のリスク

肥満状態であることは、「動脈硬化」のリスクが高い、ということを意味します。これは、肥満状態によって血管内を流れる血液中にも脂肪成分がたまりやすくなるため、正常な血液循環が阻害されてしまうからです。

また、肥満をもたらす食肉などの動物性脂肪を多く含む食事は、体内に悪玉コレステロールを増加させてしまう原因にもなってしまいます。「コレステロール値」は血管内を流れる血液中の脂質の一種を指して使われ、このコレステロール値が「高い」状態は、血液中に脂質が多く含まれているということです。そうなると、血管の内壁に脂質が付着して蓄積され、血液の流れを阻害してしまいます。これが、血管の詰まりを引き起こすような「動脈硬化」にまで発展してしまうと、体内の正常な血液循環が阻害されてしまい、ひどいケースになると「脳梗塞」といった命に関わる大病に見舞われることにも繋がるのです。

動脈硬化によるED

脳梗塞のような命に関わる大病でなくとも、動脈硬化はEDのリスクを高めることにもつながります。EDとは、全く勃起しない症状だけではなく、勃起しづらかったり、持続しないために性行為中に途中で萎んでしまう「中折れ」など、満足に性行為を行うことができない状態全般を指します。そしてEDは、肥満が大きな原因であることが珍しくないのです。

というのも、動脈硬化によって体内の血液循環が阻害されてしまうと、ペニスの勃起に必要である正常な血流が得られなくなってしまい、勃起できなくなってしまうからです。とりわけペニスの血管は、体内でも最も細い血管のひとつ。血流が詰まってしまうと、勃起ができなくなってしまいます。

糖尿病のリスクとED

また肥満は、糖尿病のリスクを高めてしまうことでも知られています。糖尿病とは、血液中の糖分の量を示す「血糖値」が高い状態。肥満は血糖値を下げる働きがあるインスリンの分泌を弱めてしまい、これを引き起こしてしまうのです。

糖尿病は、動脈硬化をはじめ、身体の神経の働きに障害を及ぼしたり、ペニスを勃起させる海綿体の機能を阻害することもわかっています。勃起するために必要なさまざまな器官の働きを悪化させてしまうのが、糖尿病なのです。

糖尿病患者におけるEDの発症率は、一般人のEDの発症率よりも高いことがわかっています。一説によると、糖尿病患者の約50%がEDの状態であると指摘されているほどです。

心臓の病気とED

そのほか、肥満によって引き起こされる「狭心症」や「心筋梗塞」といった心臓の病気も、ED治療に使われるバイアグラなどの服用薬を使用する際に、危険な影響を及ぼすことが知られています。こうした心臓病を発症している場合は、ED治療薬の使用について、必ず医師に相談するようにしましょう。

ダイエットはEDの改善にも良い

ここまで肥満による健康上のリスクと、それによるEDのリスクについてみてきました。ダイエットは、こうした肥満を解消するために有効です。それは同時に、EDを改善することにもつながります。

どのようなダイエットがいいの?

といっても、EDの改善にも役立つダイエットは、過剰な食事制限などではありません。例えば、ウォーキングやジョギングといった運動は、筋力と心肺機能を鍛えることに役立ちますから、勃起力を取り戻すにはもってこいと言えるダイエットです。実際に、1日あたり3キロ程度のジョギングをすることで、EDの改善に効果があることが判明しています。

単純に体重を落とすのではなく、筋肉を増やすこともEDの改善に役立ちます。筋肉量が多くなると脂肪も燃焼されやすくなり、血液中の脂質を下げられるためです。また、筋肉を増やす運動は、代表的な男性ホルモンである「テストステロン」を増加させる効果もあります。

過剰なダイエットは逆効果

ただし、過剰なダイエットは逆効果であるということに、最後に触れておきましょう。

フルマラソンといったハードな運動には、身体を壊す、疲弊されるといったリスクがありますが、その場合、男性ホルモンが筋肉の補修に用いられることで、ペニスを勃起させるために十分行き渡ることができない状態になり、EDを引き起こすリスクになります。また、ほとんど何も口にしないような食事制限も、男性ホルモンの生成を阻害してしまいますから、EDの改善には逆効果です。

確かに肥満にはEDのリスクがあります。しかし、体重を減らすために行き過ぎたダイエットをすることはやめましょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi