再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDと糖尿病

ここでは、EDと糖尿病の関係についてまとめています。

糖尿病によってEDが発症する?

現代の国民病とも呼ばれる「糖尿病」。2017年における厚生労働省の調査発表によると、日本には328万人以上の糖尿病患者がいるとされています。そんな糖尿病ですが、実は合併症としてEDを発症するケースが少なくありません。糖尿病もEDも決して珍しくない病気であるがゆえに、それぞれの関係について、きちんと知っておきたいところです。

そこで下記では、そもそも糖尿病とはどのような病気なのかについて簡単にまとめたうえで、糖尿病が引き起こす「糖尿病性ED」について解説します。糖尿病およびEDで悩む方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも糖尿病とは?

そもそも糖尿病とは、血液中の血糖値が高いことにより、心臓病をはじめ、様々な糖尿病による合併症のリスクが高まってしまう病気のことです。通常、血糖値は食事をすれば誰もが一時的に高くなるものですが、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンの分泌量が少なくなってしまったり、うまく働かない場合、血糖値がコントロールできずにそのまま血糖値が下がらなくなってしまったり、正常な数値に戻らなくなってしまいます。このような症状が発症することを糖尿病と呼ぶのです。

初期の糖尿病には自覚症状がほとんどないため、発症していることに気がつかないまま、長期間にわたって放置されがちになってしまうことも珍しくありません。しかし、血糖値が高い状態が長年続いてしまうと、身体の様々な部分の血管が傷ついていきます。やがては脳梗塞心筋梗塞といった重病をはじめ、ひどいケースでは失明することもある糖尿病網膜症や、透析治療にも発展する糖尿病腎症、壊疽(えそ)が進行することによる足や手の切断等々、命に関わるような病気や症状を引き起こす「合併症」に発展してしまうのです。

糖尿病性EDとは?

そんな糖尿病ですが、ある報告によると、「糖尿病になると、EDの発症率は健常な人と比べて2、3倍は高くなってしまう」ということが判明しています。実際に、海外のある糖尿病専門の学術誌では、「糖尿病患者の約52%が、同時にEDを発症している」という報告が行われているほどです。このように、EDと糖尿病は密接な関係にあるのです。

糖尿病が原因となって、ペニスが勃起しなくなったり、満足に性行為ができない状態になってしまうことを、「糖尿病性ED」と呼びます。糖尿病性EDは糖尿病の立派な合併症のひとつです。一般的に、40代を過ぎた糖尿病患者の50%ほどが同時にEDを発症しているとされています。この割合は60代を過ぎるとさらに増え、発症率は60〜70%と高まってしまいます。

糖尿病性EDのリスク

「糖尿病性ED」を発症してしまうリスク要因としては、糖尿病による血糖値のコントロール不全のほか、糖尿病の合併症としての動脈硬化、年齢が高齢であること、また糖尿病が発症してから長年経っていること、などがあげられます。

これらの症状が思い当たる場合、EDを発症している原因は糖尿病である可能性が高いのです。

糖尿病性EDの原因は?

糖尿病性EDの原因は、一言で言うと、糖尿病によって血糖値のコントロールができなくなることにあります。血糖値が高い状態が放置されてしまったために、血管の神経に障害が発生してしまい、ペニスの勃起が阻害されてしまうのです。

ペニスが勃起するメカニズムについて、より詳しくみてみましょう。ペニスが勃起するためにはまず、性的な刺激を受けた脳からの信号がペニスに伝わる必要があります。そのためにも自律神経による神経伝達は欠かすことができませんが、しかし糖尿病により自律神経に障害が発生してしまうと、性的な刺激や感覚の感度が鈍くなってしまいます

また、糖尿病による血管の損傷も糖尿病性EDの原因のひとつです。血管の内壁や皮が糖尿病によって硬くなってしまうと、ペニスのボッキに必要な血管の拡張機能が妨げられてしまいます。ペニスに血が流れ込まない状態では、十分に勃起することもできません。

糖尿病性EDの治療は専門家へ

糖尿病患者の方で、同時にEDを発症している場合は、専門家に相談するようにしましょう。糖尿病の治療を受けている方は、いつも診てもらっている内科の担当医に相談すべきか、それとも泌尿器科やEDの専門クリニックに相談すべきか悩まれることでしょう。相談の目安としては、EDの症状が比較的軽度であれば(満足なセックスをするには支障があるが、勃起することそのものは可能な状態など)、糖尿病の担当医に相談することです。多くの場合、ED治療薬での処方が治療方法となります。ED治療薬を使用している糖尿病患者の方も少なくありません。ひとりで悩むことなく、相談することが大切です。

もちろん、ED治療薬での治療は専門のクリニックでも可能です。プライバシー等が気になる方は、クリニックのED治療医に相談することも一手です。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi