再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

カフェインやコーヒーとEDとの関係

ここではカフェインやコーヒーとEDとの関係についてまとめました。

カフェインがEDの原因になる?

コーヒーをはじめ、市販されているお茶やインスタント食品など、様々な食品を通して現代人が口にしているカフェイン。眠気覚ましや疲労の回復に役立つため、サラリーマンの方ならとりわけ、仕事の作業中やその合間の息抜きに、缶コーヒーなどをよく飲まれる方も多いことでしょう。

しかし、「こうしたカフェインの摂取にはEDのリスクがあるのではないか?」と言われることがあります。はたしてカフェインは、EDの原因になるのでしょうか?

そもそもカフェインとは?

カフェインとEDの関係について解説する前に、まずはそもそもカフェインとはどのようなものか、詳しくみてみましょう。

カフェインの効果

カフェインとは、「アルカロイド」という化合物の一種です。一般的によく知られているのは「コーヒー」や「コーラ」といった飲み物に多く含まれているということですが、こうした飲食物を通してカフェインを体内に摂取することで、覚醒作用や解熱作用、鎮痛作用、強心作用をあたえれくれます。そのほかカフェインには、利尿作用があることも知られています。

また、カフェインには、世界で最も使用されている精神刺激剤という顔があります。それはカフェインを摂取することで「集中力が高まる」「自律神経の働きがよくなる」「身体の運動能力が高まる」といった効果を期待できるためです。

医薬品の分野を見てみると、カフェインは、眠気や倦怠感を覚ます薬剤としても活用されています。摂取後の興奮作用によって「眠気を覚ましてくれる」「倦怠感を解消してくれる」、また鎮痛作用から「頭痛を治める」といった効果がカフェインにはあるからです。また最近では、カフェインには「抗がん剤の効能を高める効果があるのではないか?」とされ、その研究が進められています。

カフェインとEDの関係とは?

上記のような効果があるカフェインですから、お仕事が忙しい方にとって、頭をすっきりさせたいときや眠気覚ましとしてなど、カフェインが含まれているコーヒーは毎日のお供になっていることも多いでしょう。しかし、そんなコーヒーやカフェインには、ペニスが勃起不全になってしまう、EDをもたらす副作用があるのではないか、とよく耳にすることがあります。

亜鉛成分の吸収を阻害してしまう

最初に結論を述べると、カフェインをあまりにも過剰摂取してしまうと、EDのリスクが高まってしまいます。その理由は、カフェインを取りすぎることで、EDの改善に効果がある成分「亜鉛」の吸収が妨げられてしまうからです。

亜鉛は男性にとってはとても大事な成分です。亜鉛は、「テストステロン」という代表的な男性ホルモンの原料になる成分。テストステロンはペニスの勃起をはじめとする男性的な機能の維持、向上に欠かせない男性ホルモンであり、その原料である亜鉛には、男性の健康的な精子を増やす働きがあるなどの効果もあります。もちろんEDの改善にも効果があるとされています。

しかし、亜鉛は現代人に不足している成分とも言われています。そもそも亜鉛は様々な食品に含まれていますが、体内に摂取しても消費されやすく、また身体内に一定の量しか蓄積しておくことができないため、定期的に摂取する必要があります。そんな希少な成分である亜鉛ですが、過剰摂取されたカフェインは、その吸収を邪魔してしまうことがわかっています。

カフェインを過剰摂取することは控えるようにしましょう。

缶コーヒーがEDのリスクになる場合も

また、カフェインの過剰摂取だけでなく、カフェインが含まれている缶コーヒーの飲み過ぎも、種類によっては、EDのリスクを高めてしまう可能性があります。

缶コーヒーはほとんどの自動販売機でも購入できるため、ほぼ毎日のように飲んでいる方もいらっしゃるかと思います。疲労回復や眠気覚ましの効果があり、集中力を高めてくれるため、サラリーマンの方にも人気です。しかし、そんな缶コーヒーも種類によっては、精力を減退させてしまう副作用があることが指摘されています。

勢力の減退が低下してしまうのは、糖分を多く含んでいる缶コーヒーです。そもそも缶コーヒーには大量の糖分が含まれているものですが、糖分を短い時間で大量に摂取することで、血糖値が急上昇してしまい、体内の男性ホルモンの分泌を阻害してしまうリスクがあるのです。

体内の血糖値が上昇すると、それを低下させるために、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌されます。糖質を抑えることは日常的に行われている身体の機能ですので、分泌それ自体に問題はありません。しかし、短時間のうちに大量の糖分が摂取され、同じく短時間のうちに血糖値の上昇と下降が起こることで、上でも触れた「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が阻害される事態が発生してしまうのです。これがEDのリスクになってしまうのです。

ポイントは過剰摂取しないこと

ここまでカフェインの過剰摂取や糖分が多い缶コーヒーが、EDのリスクになることをみてきましたが、カフェインやコーヒーそのものがEDの原因になるわけではありません。ポイントは「カフェインの過剰摂取を避けること」「糖分の多い種類のコーヒーを避けること」であり、利用そのものを止めることではありません。

コーヒーは種類に気を付ける

カフェインの有効効果については上でも述べた通りですが、コーヒーについても健康上のメリットはあります。そのため、EDのリスクにならないよう注意して、コーヒーの種類や飲み方を気をつければいいのです。

コーヒーを飲む場合は、「糖分が多く含まれたものを避ける(無糖やブラックのものを飲む)」、カフェインの過剰摂取にならないように、「1日で何本も飲まないようにする」といったことに気をつけましょう。

また、重要な男性ホルモンである「テストステロン」は睡眠中に最も分泌が高まるため、就寝前にカフェインを摂取することもよくありません。就寝前にカフェインが多く含まれているコーヒーを飲むことも、避けるようにしましょう

カフェインにはEDの改善効果もある

最後に、カフェインがEDの改善に役立つパターンもあることについて触れておきます。カフェインには、精神的な疲労感をおさえたり、心理的なストレスを解消してくれるリラックス効果もあります。EDには心因性のものもありますから、こういった心理的なストレス、精神的な疲れを解消してくれるという意味では、カフェインにはEDの改善効果もあるのです。

実際に、カフェインと亜鉛を含む「マカ」は、EDに効果があるサプリメントにも含まれています。カフェインの過剰摂取が問題なので、ほどよく摂取するのであればEDのリスクはないのです。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi