再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

EDとAGA治療薬の関係

ここでは、EDとAGA治療薬の関係についてまとめています。

AGA(男性型脱毛症)とED

AGA(男性型脱毛症)とは、男性特有の脱毛症のこと。進行性があり、20代からでも発症するおそれがある、成人男性に珍しくない症状です。名称は「Androgenetic Alopecia」という医療用語の略称。成人男性のおでこや頭頂部の頭髪がなくなったり、薄くなったりする症状を指します。AGAは自然治癒することがないため、多くの男性にとって悩みの種になっていることが特に多い症状です。ただし最近では、クリニックや病院の薄毛外来で治療を受けることにより症状を改善させることができるようになっており、様々なAGAの治療薬も開発され、処方されています。

そんなAGA治療薬ですが、脱毛症が改善される一方で、副作用があることも指摘されており、とりわけ専門家からは性欲の減退やEDのリスクが高まってしまう、という声も。そこでここでは、AGA治療薬がEDのリスクを高めてしまうとされる理由について解説していきます。

AGA治療薬「プロペシア」

まずは、AGA治療薬としてとりわけ一般的な「プロペシア」についてみてみましょう。

「プロペシア」とは?

「プロペシア」とは、一般的にも多く利用されているAGA治療薬の一種です。AGA治療のクリニックをはじめ、ほとんどの皮膚科や薄毛外来で処方されており、数あるAGAの薬剤のなかでも特にポピュラーなものになっています。しかしその一方で、「プロペシア」を使用した人の中からは、「性欲が減退してしまった」「EDの症状になった」といった声が聞こえてくることも。「プロペシア」は本当にそういった副作用があるのでしょうか?

「プロペシア」のメカニズム

AGAに対する「プロペシア」の改善効果の仕組みをみてみましょう。そもそも男性の薄毛や抜け毛の症状は、体内に「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンが多くなり過ぎてしまうことに起因します。「ジヒドロテストステロン」は薄毛の元凶。さらに、性欲を減退させる働きもあるのです。

この「ジヒドロテストステロン」は、「テストステロン」という男性ホルモンが、体内酵素(「5αリダクターゼ」)の働きを受けることで発生するもの。そこで、AGA治療薬「プロペシア」は、この体内酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害させることで、「ジヒドロテストステロン」が発生しないように作用します。こうして、男性の抜け毛や薄毛の症状を抑えるのがAGA治療薬「プロペシア」の仕組みです。

「プロペシア」の副作用とは?

しかし、AGA治療薬「プロペシア」を使用した男性からは、「20代なのに朝立ちがなくなってしまった」「副作用を知って「プロペシア」の使用をやめたのに、勃起が弱いままになって治らない」といった、EDの症状に悩む声があがっています。また、「プロペシアを使用してから、自慰行為をする回数が減った」など、性欲減退を感じるようになった人もいるようです。

実際に、こういった症状は「プロペシア」の副作用であると製薬会社の臨床実験によって認められています。つまり、一般に心配されている通り、EDの症状はAGA治療薬「プロペシア」の副作用として認められているのです。

「プロペシア」によるED

アメリカのある大学研究チームは、AGA治療薬「プロペシア」の使用後に性機能が低下したと感じている約50名の男性を調査しました。その調査では同時に、EDの症状を発症して悩んでいる男性もいることも確認されています。

また、性欲の減退は「プロペシア」による副作用として最も発生しがちな副作用であり、そのほか精液や精子に副作用が出てしまう(射精される精液量の減少、無精子症、精子の運動の低下など)、ペニス患部の痒み、過敏症、睾丸の痛み、肝機能の低下といったものが確認されています。

ただし、AGA治療薬「プロペシア」の副作用としては、性欲低下が発生する可能性は、約1~5%未満であるとされており、また副作用の詳細なメカニズムもまだ研究段階にあります。一説では、「プロペシア」が、体内酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害することで、「テストステロン」をはじめ、男性ホルモンの体内ホルモンバランスを乱しているのではないか、と指摘されています。薄毛の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の素となる「テストステロン」は、睾丸から分泌されている男性ホルモンで、男性の性的欲求や肉体および精神の健康促進にも関わってくるものだからです。

AGA治療薬はどのように使うべき?

「プロペシア」と同じ成分・効果であるAGA治療薬「フィナステリド」について、「副作用はほとんどない」と述べる専門家もいます。「フィナステリド」も、「プロペシア」と同様に、体内酵素である「5αリダクターゼ」の働きを阻害する働きがある薬剤です。「フィナステリド」は「5α-還元酵素」の「I型」のみに対して、その効果を発揮します。また、AGA治療薬「フィナステリド」は、ジェネリック医薬品も利用できるようになっており、1ヶ月あたり5000円程度のコストで使用することもできます。

サプリメントはどのように使うべき?

ちなみにAGA改善としては、治療薬のほかに、AGAに効果があると言われる亜鉛やノコギリヤシといったサプリメントも登場しています。実際、「ノコギリヤシ」を古くから服用していたアメリカインディアンには薄毛が少ないと言われ、これを研究した製薬会社が、AGA治療薬「プロペシア」を開発しています。

ただし、日本で販売されているノコギリヤシは原産地が異なることから、おそらくAGAには効果がないでしょう。また亜鉛についても、確かに亜鉛欠乏症による脱毛は医学的に指摘されているところですが、気休め程度の効果とみておいたほうがよいです。

副作用を感じたら利用停止を

AGA治療薬には確かにEDを引き起こす副作用が含まれています。発症率はまれですが、可能性はゼロではありません。

「プロペシア」をはじめとしたAGA治療薬で、EDの症状や性欲の減退を感じるようになったら、まずは使用をストップするようにしましょう。その後も副作用の影響を感じることが続く場合は、専門の医師に相談するようにしましょう。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi