再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi HOME » ED改善薬を試す前に知っておきたいこと

ED改善薬を試す前に知っておきたいこと

ここでは、ED改善薬を試すにあたって把握しておきたい情報をまとめています。

ED改善薬を試す前に

  • ペニスの勃ちが悪くなった・・・
  • EDかもしれない・・・
  • パートナーが最近満足してくれない・・・

と、EDの疑いが出始めたら、悩んでいないで早めに治療しましょう。

その前に、あらためて正常な勃起とEDの違いを知ることは、ED治療をしていく上で大事だと思ったので、簡単に解説しておきます。

正常な勃起とは、神経と血管のメカニズムによるものです。

性的な刺激を陰茎に受け、その刺激が脳に伝わり、血液が陰茎に流入。陰茎海綿体の動脈が広がることで血液が流れ込みます。

すると、陰茎が大きく膨らむ。これが勃起する正常な状態です。

EDの場合は、動脈の拡がりが不十分だったり、神経にダメージを受けていて陰茎が硬くなるのに時間がかかったり、勃起した状態が続かなかったりします。

男性性機能障害のひとつである「勃起不全」のEDは、勃起が十分でないために満足な性行為が行えない状態なのです。

ED改善の治療は、現状ほぼ飲み薬で行なうことになります。それだけ飲み薬が効果を得られる証明とも言えますが、薬ですから服用の際には注意が必要です。

EDが疑われる場合は、医師の診断を受けること。精神的な不安も、勃起力を弱めてしまう原因になりますからね。

EDのサイン・初期症状について

EDは自分で発見できる病気です。日頃から身体の状態をチェックすれば、EDのサインや初期症状を把握することができます。

朝勃ちしない

健康な男性なら朝起きた直後、ペニスが勃起する「朝勃ち」が起こります。朝勃ちは勃起力のメンテナンス作業、またストレス解消作業にあたるもので、性的な興奮とは関係なく起きる生理現象です。

つまり、朝勃ちしないということは、身体本来の機能が働いていない証拠です。年齢差や個人差もありますが、1週間以上朝勃ちしない状態が続いているならEDを疑いましょう。

また、朝勃ちの有無はペニスだけではなく、全身の健康に関わってきます。動脈硬化や糖尿病の兆候を示すサインかもしれないので、他にも症状がないかチェックして、不安があれば早めに病院へ行きましょう。

SEX中に中折れしてしまう

ペニスを挿入している最中に勃起が収まってしまう「中折れ」は、よくあるEDの初期症状です。

中折れは血管や神経が原因となる「器質性ED」の他、ストレスや緊張が原因となる「機能性ED」によっても発生します。特に30代以降の男性は、前者により中折れしてしまうケースがよく見受けられます。

10回に1回程度ならそれほど問題ありませんが、5回に1回は中折れが起きてしまうなら要注意です。

勃起しても硬さが足りない

勃起しても十分に硬くならない場合も、EDの可能性があります。特に中折れが続いている方は、この症状も続いて発生する可能性が高めです。

硬さが足りないと挿入も射精も難しいため、本人はもちろんパートナーも満足感を得ることができなくなります。パートナーとの関係悪化にも繋がりかねないので、早めに改善しましょう。

興奮しても勃起しない

人並みに性欲があり興奮も感じるのに勃起しない場合、身体的な原因による「器質性ED」の可能性が考えられます。

血管や神経が十分に働いていないため、脳が性的興奮を認識していても、ペニスに十分な血流が行き渡らないのです。特に年齢を重ねている男性ほど、この症状が起こりやすい傾向にあります。

特定のシチュエーションのみ勃起しない

人によっては特定のシチュエーションのみ、しっかり勃起できないというケースもあります。朝勃ちや自慰行為(マスターベーション)での勃起は問題ないのに、妻や恋人とSEXする時だけ勃起できないといった症状です。

これは心因による「機能性ED」の疑いがあります。SEXの経験不足による緊張や、同じパートナーとSEXすることへのマンネリ化により、勃起力が弱まってしまうのです。

身体的な問題がないなら、自分で解決できる可能性もあります。経験不足は数をこなすのが一番ですし、マンネリ化も快感を高めるグッズを使ったり、プレイの方法を変えたりすれば解消できるかもしれません。

心因性EDを改善するには

心因性EDとは、体の機能には問題がないのですが、心理的・精神的な要因によって起こるEDのことです。うつ病や統合失調症などの精神疾患のほか、仕事上のストレスや夫婦・恋人との人間関係を起因とする問題で起こることも。さらには幼少期におけるトラウマなどが要因とされています。誰にでも起こりうることであり、人によって原因はさまざまです。

心因性EDが起こる主な原因

うつ病や精神疾患

うつ病と ED の関連性は、1970年代後半ごろから指摘されています。憂鬱な気分になり、何事にも意欲がわかなくなるのがうつ病の症状。意欲の減退は性欲の減退にも繋がり、心因性EDの代表的な症状とされています。ほかにも鬱状態と躁状態を繰り返す双極性障害の場合も心因性EDを引き起こす可能性があるようです。また、うつ病や統合失調症などの治療薬として処方される抗精神病薬の副作用によっても、EDが引き起こされる場合もあります。

人間関係やストレスなど

精神的な疾患だけではなく、ストレスが原因でEDとなる場合もあります。たとえば失恋や離婚、職場での人間関係、自身の肉体へのコンプレックス、健康上の不安や恐怖など。日常生活におけるストレスによるものを、「現実心因」とよびます。

現実心因には、仕事上の不安や経済的問題など、性行為とは直結しないものが原因となる場合も。日常における些細な失敗や、自信喪失に繋がるような出来事がきっかけとなり性行為に没頭できないことから、脳が性的興奮を覚えにくくなり、EDになると考えられます。

トラウマやコンプレックス

精神疾患や日常生活のストレスとは違い、心の奥底にある経験や記憶などが原因となってEDとなることもあります。このような深層心理に根ざしたものは「深層心因」と呼ばれており、ホモセクシャルなど性的傾向も深層心因の一つです。

具体的な例としては、幼少期における性的体験が元となったトラウマ、エディプス・コンプレックス、パートナーへの愛憎や葛藤など。必ずしも本人が気が付いているとは限りません。精神分析によるカウンセリングなど、本格的な心理療法が必要になる場合もあります。

心因性EDを改善する方法

ED治療薬を使用する

精神疾患や心因性EDの治療においても、バイアグラなどのED治療薬の服用は効果があるとされています。「ED治療薬を服用しているから大丈夫」というように心理的な自信に。また、実際にED治療薬によって勃起が補助されるので、心因性EDの多くにおいてEDの改善効果が見られるのです。一方で、仕事でのストレスや極度の疲労、性行為に対する強い不安やトラウマ、性的刺激を感じることができない場合は、ED治療薬の効果が発揮されないこともあります。

治療薬を使用するには

医師とのカウンセリングや問診を通じ、現在の体調とEDの原因と考えられる疾患などの有無を探ります。フィジカル的にはED治療薬が正常に働くコンディションを作り、メンタル的には医師と患者との信頼関係を築き、悩みや経験を聞き出すのです。心因性EDの場合、性的体験に関する相談ができないために、より深い苦しみに繋がっていることもあります。医師に相談することで、精神的なストレスの解消に繋がり、EDの改善に繋がることも。なお肉体的検診は行いませんので、体を見られる心配はありません。

心理療法を受ける

「現実心因」は、日常生活におけるストレスが原因となったEDです。若い人に多く、自分自身でも要因となった言葉や経験が自覚できているものが「現実心因」に該当します。現実心因に対しては、一般心理療法と言われるカウンセリングを受けるのが一般的です。

一方の「深層心因」は、幼少期の体験や性的トラウマなどの過去の出来事が原因となり、EDを引き起こしている状態。現実心因の場合と違い、深層心因の場合は心の無意識あるいは意識下に眠っているため、心理療法を行う場合も時間を必要とします。

心理療法を受けるには

「現実心因」における一般心理療法は、セックス・カウンセリングとも呼ばれる治療法です。治療にあたっては、EDになっている人のみ、あるいは配偶者や恋人などのパートナーと一緒に治療を受けることも。現実因性のEDは、心理面接を通して原因を追究し、患者に合わせた心理療法が行われます。

一方、深層心因性のEDの場合は、分析的心理療法と呼ばれるカウンセリングが一般的です。深層心因は患者本人の無意識の世界において原因の追求が行われるため、長期間にわたった治療が必要となります。

精神疾患の治療薬を利用する

精神疾患の治療薬の中には、性機能を悪化させるものもあります。たとえば抗うつ剤として多く処方されているSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、性的衝動に関わるドーパミンの作用を抑制。しかし、これを逆に利用して、早漏の治療に応用する場合もあります。また、抗うつ剤を服用中でもPDE5阻害薬(シアリスなど)は有効と認められたことから、治療薬の選択肢は増加傾向に。ただし薬の種類によってはPDE5阻害薬の効果が低下させることもあるため、併用薬については慎重な検討が必要です。

精神疾患の治療薬を利用するには

精神疾患とEDの治療を並行する場合、精神疾患治療薬を減らせばいいと考えがちです。しかしその場合、もとの精神疾患の治療に影響が出る可能性があります。また、治療薬による影響が解消されても精神疾患が悪化すれば、根本的な治療には繋がりません。一方でPDE5阻害薬の有効性が認められているため、心療内科の主治医に相談して治療薬を検討することが最適です。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi