再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

50代のEDの原因とその対処法

EDは発症する年代によって原因が異なる病気です。20代や30代はストレスなどの心因性が多く、40代以降は加齢や持病など健康状態が大きな原因に。最近では、EDは血管の健康状態の現れであるという考え方も広まっているようです。元気に年を重ねるためにも、50代のED対処法は健康管理がカギとなります。ここでは、50代のEDの原因や対処法についてご紹介しましょう。

50代におけるEDの原因

加齢による動脈硬化や神経障害が原因になる

EDの原因はさまざまですが、50代の場合、加齢によって引き起こす可能性が高くなります。これを器質性EDといいます。器質性EDの主な原因は動脈硬化です。全身の血管の弾力性が失われ硬くなる症状で、血行不良が進むと陰茎の毛細血管への血流が低下するため、EDが起きやすくなるのです。

動脈硬化は脂質異常症や高血圧や糖尿病などの生活習慣病との関わりも深いことがわかっています。そのため病気を抱える50代は動脈硬化が進み、よりEDが起きやすいといわれています。また、お酒の飲みすぎや喫煙習慣も生活習慣病にとっては悪影響。そのほか脳出血や脳腫瘍など、神経が傷つけられる病気や障害もEDの大きな原因の一つです。

50代のEDと他の病気との関連性

心臓から送り出された血液が血管の内壁を押す圧力が高まる「高血圧」。高血圧もまた動脈硬化を進行させEDの原因になります。通常、勃起は陰茎内部にある海綿体の動脈に血液が流れ込み硬くなります。しかし高血圧が進むと、全身の血管への圧が高まり陰茎への血流が低下。そのため海綿体が膨らみづらくなり、EDの症状が現れてしまうのです。また、高血圧症治療薬の副作用によってEDになることも。つまり50代で高血圧患者になると、器質性EDと薬剤性ED、両方への注意が必要になるのです。

50代のED対処法と治療方法

生活習慣で解消する

50代でEDに悩んだら、まずは生活習慣を見直して、高血圧の症状をコントロールすることが大切です。高血圧は、食べすぎや飲みすぎ、塩分過多といった食生活の乱れのほか、慢性的な肥満や運動不足なども関わっています。そのまま高血圧を放っておくと、脂質異常症や糖尿病になる可能性が高くなり、EDが進行する恐れも。そのため、高血圧を指摘されたらすぐに生活習慣を改善することが、ED改善にも効果をもたらすのです。

治療薬を用いる際には注意が必要

高血圧の方がED改善を目指す際には注意点があります。それは高血圧症治療薬を服用中の場合、ED治療薬の種類によっては併用できないものがあることです。高血圧症でED治療薬を服用したいときは、必ず医師に確認をしましょう。シアリス、バイアグラ、レビトラのようなED治療薬には血圧を下げる働きがあり、降圧剤と一緒に飲むと、立ちくらみやふらつきなど低血圧の症状が出る恐れがあります。ただ、副作用に注意すれば、医師の指導のもと併用することも可能です。

確実に治療するには

生活習慣を見直しながら、まずは高血圧症を改善していきましょう。日々の努力でも症状の改善が見られない場合は、専門のクリニックでED検査を受けて治療を始めることをおすすめします。50代のEDは生活習慣病と深く関わっているため、病気と上手に付き合いながらEDの治療も受けてみてください。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi