再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました

40代のEDの原因とその対処法

40代でEDに悩む男性の中には、常用している薬がEDを引き起こすケースが少なくありません。また、糖尿病の合併症や加齢が原因でも起きるため、40代はEDに罹りやすい年代と言えるでしょう。ここでは、普段服用している薬によって引き起こされる薬剤性EDや、血糖値の不具合から起こる糖尿病性EDとともに、日頃できる対処方法をご紹介します。

40代におけるEDの原因

使用している薬の副作用が原因になることも

40代のEDは、常用している薬が原因となることがあります。薬剤性EDと呼ばれ、医師から処方される薬の副作用としてEDが現れるのです。薬剤性EDになりやすい薬として、降圧剤をはじめ抗うつ剤や抗精神病剤、抗てんかん剤、睡眠剤のほか抗潰瘍剤や抗男性ホルモン剤、脂質異常症治療剤などが知られています。

中でも、降圧剤はEDの副作用を引き起こす代表的な治療薬です。降圧剤とEDとの関係はまだはっきりしていませんが、高血圧症の患者は動脈硬化が進行していることが多く、血圧を下げることで陰茎への血流が低下すると考えられています。また、抗うつ剤は脳内の神経伝達物質のセロトニンを上昇させるため末梢神経系に作用します。しかし感覚を鈍くさせてしまい、その結果、性生活での快感が得られにくくEDにつながると言われています。

40代のEDと他の病気との関連性

40代でEDに悩む男性に特徴的なのは、糖尿病患者が多いということ。糖尿病を患うと、ED発症率は成人男性の2倍から3倍になると言われています。EDは糖尿病の合併症としても起こるもの。糖尿病患者のED発症率は40代以降の約半数、60歳以降では7割近くにもなるとされています。

糖尿病性EDの治療で難しい点は、発症年齢が加齢性EDと重なるため見分けにくいこと。日頃から血糖値が高い、糖尿病や動脈硬化で治療を受けている、高齢であるといった人は糖尿病性EDのリスクが高いので要注意です。

40代のED対処法と治療方法

食生活の見直しで解消する

40代のED対処法としては、糖尿病によるEDを改善するため食生活を見直すことが大切です。日本人は、糖質を処理するインスリンの分泌力が欧米人より少ないと言われています。したがって、炭水化物や糖分の多い食生活を続けていると、血糖値をコントロールするインスリンが足りなくなり、糖尿病のリスクが高まってしまうのです。普段の食事でカロリーを摂りすぎていないか、糖質に偏った栄養バランスになっていないかなど、チェックするところからスタートしましょう。

ED治療薬を使用して改善する

食事をはじめ生活習慣を見直しても糖尿病性EDの改善が見られない場合は、ED治療薬を使用する方法があります。国内ではシアリス、バイアグラ、リピドラの3つのED治療薬が病院で処方されています。シアリスは世界的な売上を誇り、効果が2~3日持続するのが特徴です。バイアグラやリピドラは性交渉の1時間くらい前までに服用して使用するタイプで、効果の持続時間が短いのが特徴となります。ED治療薬は患者によって相性もあるため、数回使用して様子を見ながら調整していきます。

確実に治療するには

糖尿病改善のための食生活を続けてもこれといった成果が見られない場合は、まずは糖尿病の治療を優先させましょう。それとともに、EDの診療をしているクリニックで検査を受けて、自分に合ったED治療を始めることが大切です。ED治療薬を上手に使えば、糖尿病性EDでも、以前のような性生活を取り戻せる可能性があります。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)

再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi