再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi
評判のいい大阪のED治療クリニック集めました
サイトマップ
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi HOME » 年代別に見るEDの原因とその対策方法 » 30代のEDの原因とその対処法

30代のEDの原因とその対処法

40代50代に多いイメージのEDですが、最近では30代でも、勃起力や持続時間に悩む男性が増えています。勃起障害であるEDは、性交時に硬さが不十分で挿入がうまくいかなかったり、途中で萎えてしまったり、最初から勃起しなかったりなど、正常な性行為ができなくなる病気。ここでは、30代に忍び寄るEDについてご紹介します。

30代におけるEDの原因

血行不良はEDの主な原因

30代におけるEDの主な原因の一つに、血行不良があります。勃起は陰茎への血流が増大して起こる現象。普段から血行不良な男性は、陰茎への血液量が少なくなり、十分な硬さや大きさまでいかなくなります。また、性交中に血液量が不十分だと勃起中であってもしぼみやすくなるのです。

実際、ED患者の多くが、年齢に関係なく血管の不健康と密接なつながりがあることがわかっています。動脈硬化のように血管の状態が低下すると血液量も減少するため、毛細血管の集まっている陰茎は特に影響を受けやすくなるのです。血行不良の初期の自覚症状としては、「勃起しても硬さがなくなった」「途中で萎えてしまう」といったEDに見られる症状があげられます。

30代のEDと他の病気との関連性

30代でEDに悩む男性のなかには、脂質異常症を発症しているケースがあります。脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪の量に異常が見られ、血管が硬くなる動脈硬化の引き金になる病気。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞といった、命の危険に関わる重篤疾患のリスクを引き上げることで知られています。EDも、動脈硬化が原因で起こる病気です。陰茎内部の血管は直径1〜2mmとほかの部位の血管と比べて細いため、毛細血管の内部が硬く狭くなることで、血流が低下すると考えられています。

30代のED対処法と治療方法

食生活の見直しで解消する

血管の動脈硬化を進行させ、EDの原因となる脂質異常症。改善するには生活習慣の見直しが大切です。脂質異常症は、肉や卵などの動物性脂肪の摂りすぎや、アルコールの飲み過ぎによって症状が強まる傾向があります。まず、肥満の人は食事量を制限してダイエットを頑張りましょう。野菜嫌いなど偏食気味の人は、ヘルシーなメニューを心がけて栄養バランスのとれた食生活に。適度な運動もおこなうと、血管についたコレステロールを抜き取り、動脈硬化の進行を抑えられます。

ED治療薬を使用して改善する

EDの対処法としては生活習慣の見直しも大切ですが、確実に改善したいなら、ED治療薬を服用するのも一つの方法です。特に30代に多い心因性EDの場合、「性交時に勃起しなかった」「途中で中折れした」といった男性としての悩みがトラウマとなって、さらに悪化する傾向に。治療薬を使って性交の成功体験を積むことで、メンタル的な余裕も生まれます。ED治療薬はクリニックでの検査と医師の処方が必要ですが、よりよい性生活のため積極的に受診を考えてみるといいでしょう。

確実に治療するには

心因性だけでなく動脈硬化が原因でも起こる30代のED。確実に治療するには、食事や運動で脂質異常症を改善するとともに、クリニックで医師の検査を受けることをおすすめします。日頃から動脈硬化の予防をしながらED治療薬を適切に使うことで、パートナーとの性生活がよりよいものになることを願っています。

大阪のED治療クリニックBEST3
第1位
大阪梅田紳士クリニック
大阪梅田紳士クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
5種(最安1粒480円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩2分/
地下鉄梅田駅から徒歩2分
第2位
イースト駅前クリニック大阪院
イースト駅前クリニック大阪院
おすすめ度 ★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1050円~)
アクセス
JR大阪駅から徒歩7分/
地下鉄梅田駅から徒歩7分
第3位
新大阪東口クリニック
新大阪東口クリニック
おすすめ度 ★★★★★
ED薬の種類
4種(1粒1200円~)
アクセス
JR新大阪駅東口から徒歩1分/
地下鉄新大阪駅から徒歩8分
 
 
※当サイトの情報は管理人が行った独自調査に基づいています。正確かつ最新の情報は、それぞれのクリニックの公式ページでご確認くださいませ。
pagetop
再起せよ!大阪で評判のEDクリニックNavi